スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ!北海道!

今日はメイプル関連の話題はありません。
二泊三日で行った社員旅行のお話です。



そもそも比較的若い世代が集まっているうちの部は皆仲が良くて、先輩・後輩というより友達みたいな感じが強いです。
男性・女性の垣根もほとんど存在せず、あだ名や名前とかで呼び合う感じです。
でもまぁ入社してからまだ2ヶ月(しかも1ヶ月は研修でほとんど部内にいなかった)なのでその環境について行き切れていない部分もあるのですがそれは一個上の先輩や女性の方がフォローしてくださっているので大変ありがたいと同時に、そこまで気を遣わせて良いものかと悩む一面も。
部員(部長クラスの人をのぞけば)トップでも30歳、一番下でも22歳というもので、比較的話も合います。

で。

旅行は北海道へ。
ホテルは札幌にとってあり、午後3時まではお仕事、その後バスで羽田へ移動して飛行機へという感じです。
バス内でも色々といじられたりしてて楽しかったです(ちなみにいじられていたのは1個上の先輩です、私はそのとばっちりみたいなものを受けてました)。
飛行機に乗るのはこれで4度目という少ない(?)人間ですが、考えてみれば全日空の飛行機に乗るのは初めてだ!
日本航空と何か違うのかッ!?とか思っていましたが、日本航空のサービス自体を覚えてないので意味がないことが発覚、アホですな。
飲み物サービスにスープがあったんですが、日本航空もありましたっけ?
時間帯によって出るものが違うのかな?
まぁそれはおいといて、新千歳空港に着いて、ホテルまでバスで移動。
チェックイン後、すぐに夕飯を食べることに(21時を回っていたのでもう皆ぐったり)
夕飯を食べて盛り上がるかと思いきや、日頃の疲れと移動の疲れがあり、ぐったりモードの宴会に。
でもそれなりに楽しかったです。

夕飯後、「夜は大人の時間だぜ」と言って消えていった先輩3人。
どこ行くのかと思ったら女性社員が「キャバクラだよ」となれた感じで言いました。
社会人になるとそんなもんなんでしょうか、大学時代、キャバクラ行くとか言う人もいませんでしたし、女友達はあんなとこ行くの信じらんない、とかあんなとこいくのおやじだけでしょとか散々言ってましたけどね。
でもまぁともかく、その方達とはまた別行動ってことで夜の街を数人で散策。
さっきの夕飯で食べたりないという先輩(私の直属)の意見によりラーメンを食すことに。
ヒグマラーメンというところに行きました。
あっさりしてて食べやすかったです、でもおなかいっぱいだったので味がいまいちわかりませんでした。
ヒグマらーめんのチャーシューを食べながら女性の先輩がぽつりと一言。

「――ヒグマの肉って黒いイメージ・・・」

その後、全員で怒濤の反撃!
・ンなわけないじゃん!
・黒いのは外見だけですよ!
・腹黒だから
・黒い肉なんて食いたくないですよ!

どれが私の意見かはわかるかと思います。
ちなみにその女性社員は2年前入社した方です。
どこか抜けている感じがかわいく見えるのですが多分本人わかってない。
きっと天然キャラなんだと心の中で納得。
や、口に出しました、笑ってました、でも目が笑ってませんでした。
ジュースを買って宥めました、怖い怖い。

その後、食べ過ぎて苦しいおなかをずるずる引きずりながらホテルへ。
シャワー浴びて寝ようと思ったらキャバクラ行った先輩二人が帰ってきてないことが発覚(三人で一室)
ここで寝てしまえば入ってこれない、しかもあの二人は部屋番号覚えてないからフロントに預けても無駄。

・・・ということは?

帰ってくるまで起きていることになりました。
午前3時くらいに戻ってきたときはぐったりしてました、私が。
キャバクラでどうだったとか色々言ってくださったのですが、眠かったせいで左から右に。
とにかく寝かせて・・・の言葉が言えず起きることに全神経を集中してました。
寝た時間は覚えてません・・・気がついたら朝でした。
最後に見た時間は3時30分、朝起きた時間は6時30分。
たったの3時間しか寝てないのか(実際はもっと短いと思う)と思いながら朝食のために起床。
二日目は皆で出かける予定がありましたので、寝ている二人を起こすことに。
しかし起きない!
7時30分になっても起きてくれずにどうしようかと思っていたら女性二人登場。
無理矢理布団をはがす行動に出ました。
しかし一人は抵抗します、朝っぱら、寝起きから全力で抵抗してます。
それもそのはず、だってノーパンですもの。
はがしている女性はそんなこと知りません、なのではたから見ている私は笑いをこらえるのに必死です。
でもはがしている女性社員もはがさせまいと抵抗している先輩も必死です。

結局女性社員がおれましたけどね。
その後、二人を追い出して着替えて朝食。
レンタカーで移動してあちこち観光しました。
おみやげは適当に買って、実家に郵送。
夕方まで色々観光して5時にホテルに戻ってきました。
シャワーを浴びて夕飯の時間で移動。
宴会になったのですが、部長が呑みすぎによりセクハラ発言。
しかも相手は宴会場所の従業員。
つい先日、セクハラで苫小牧(だっけ?)の市長が訴えられたばっかりなのに。
とにかく全員で止めて、何とか無事に終了。
セクハラって言っても写真を撮ったくらいですけどね。
まぁくらいですまされるものでもありませんが。
ほんとにご迷惑をおかけしました。

二日目の夜も観光に誘われていたのですが、金魚のふんみたいにずっとついて歩くとあっちも気を使っちゃうだろうから丁重にお断りして、一人で夜の街を意味もなくぶらぶら。
適当に時間を潰して帰ってきたら今日も行ってるキャバクラ組は帰ってきてませんでした。
再び長い戦いが始まったのです・・・

3日目
14:00に空港ロビーに集合、それまでは自由行動と言うことで、結局金魚のふんよろしく誘われるがままについて行くことに。
朝から雨が降る嫌な天気でしたね。
あぁ、昨日の夜は1日目の夜と似たような感じです。
キャバクラ嬢の名刺やら何かの本やら見たような記憶はかすかにあるのですがやっぱり右から左だったのですね。
またまた観光をして空港へ。
どこへ行ったのかは詳しく語りません、有名場所ばかりです。
19時頃に会社に戻ってきて、車で帰宅。

私が楽しいと思える旅行になったのは終始気を遣っていただいた先輩達がいたからです。
本当にありがとうございました。

この旅行で少し、部の雰囲気にとけ込めた気がします。
これからも頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

妙な罪悪感

こんばんは、満月博士です。
ずーっと雨、雨、雨の関東地方でしたがようやく晴れ間が戻り、洗濯物が一気に片付きました。
今週の週間予報を見てみると、水、土が雨のようですね。
ですが金曜日の午後から社員(うちともう一個の部だけだけど)旅行に行きますので洗濯物を片付けるなら木曜日まで!(金曜日は家に戻ってこれないので)
木曜日は晴れ間が指す(予定です)ので何とか洗濯物を貯めずに済むでしょうか。



さて、メイプル関連。
先日、大事件が起きました。


人形に・・・


再び人形に戻ってしまう豚さん…。
氷の大地を共に駆けようと思っていた矢先の出来事でした。
意気消沈した満月シーフ(仮名)はやる気を無くし、ベンチでふて寝してしまったそうです。
あの寒い世界でふて寝なんてしたら凍死するのはまず間違いないと思いますが、そこは鍛え抜いたぼでー(Body)で何とかしたのでしょう。

復帰させるも何もポイントを入れてなかったため(最後に入れたのいつだったかなぁ・・・)しばらくお預け。
メイプルも委託販売とかそっちに切り替えて今はやっていながらやっていないようなものです。
またポイントを入れて、やりますけどね。



おまけ。
持ってないのに500個も!

なんと玉自体は持っていない(買ったことがない)のに500個もサービスされてる!
早速意気揚々とパチンコ屋に向かおうとした満月博士。
しかしこれであることに気づきました。


2005年10月29日00時まで使用可能
現在:2006年05月21日18:50:39(メモした時間です)



ま、わかっちゃいましたけどね。
使えないのならば何故表示させるのか。



土日で買い物やら洗濯やら掃除やら色々やりました。
いい加減うざったかった髪も切り、さっぱりした気分でまた一週間、頑張っていきましょう!
旅行は嬉しいんだけど土日が無くなるんだよな・・・ま、いっか。

僕にもお友達が、できました。

こんばんは、満月シーフ(仮名)です。
5月も中旬にさしかかったというのに未だ肌寒いような感じですね。
しかし発生した台風1号は週末関東に直撃かとか言ってますし・・・。
今が春なのか夏なのかよくわかりません。
暖かかったり寒かったりするのはどういうことですか。



さて、私、満月シーフ(仮名)はLv87となり、なんとお友達も呼べるようになったのです。
一人はチャイナドレスのかわいい女の子、もう一人はちょっと食べ過ぎな太っちょにーちゃんです。



写真付きで紹介しますね。
二人目のお友達
私の合図に合わせて攻撃してくれるんです。
とても心強いお友達なのですが、お二人とも盗賊の仲間なのでしょうか?
どっちかっていうと忍術っぽいものを使ってます。
盗賊と言うより忍者ですかね?
女の方は忍術っぽいものを唱えて攻撃しているように思えます。

が――!

男の方は思いっきり手をパンと叩いているように見えます。
忍者っていうよりもはや相撲取り。
シーブズがどんな仲間を呼んでいるのか、そしてあちこちで呼ばれて大忙しな彼らは普段どうやって生活しているのか。

とても気になります。
まだ応援に駆けつけてくれる人たちはいるようです。
私が呼んでも来てくれないのはきっとあれですね。

声が小さいんです。

相手に届くような大声を出せればもっとたくさんの方が応援に来てくれるんだと信じています。

そんなわけで(運転しながら)発声練習をして、電話応対頑張っていきます・・・。



今日はコメントの返信を追記からはせず、本文に書き記してみたいと思います。
なので適当に何かほざいてやがるなー程度に見てくださると一番良いのかもしれません。

楓戦士さん
一人暮らしをしていて、何が嫌とか何がめんどくさいと思うか。
私の主観ですがそれをお伝えします。

まず「うわー」と思うこと。
・電話代とか電気代とかガス代とか見るとき
→一人暮らしが一般的にいくらぐらい消費しているのかわかりませんが、2000円~5000円内には収まってます。
ちなみに合計ではなく、単体で2000円~5000円です。
電話、ガス、水道、電気など含めると、こりゃまぁたいした出費ですな。

・食費は計算してません。
ただ、朝昼晩と自炊をしているのでそこまでかかっていないはず。
今度機会があったらレシートをとっておいて計算してみます。

・車の維持費
ガソリン入れるだけじゃねーの?とか思うかもしれませんが車検とか税金とか結構かかるのです。
まぁ毎月じゃありませんので基本的にはガソリン代(+気が向いたら洗車代とか)ですけどね。
それに今結構ガソリン高いですしね・・・。

そして嫌なこと。
○食料品の買い出し
 矛盾しているように思えますが、自炊を決めているので買い出しは必須です。
何が嫌なのか、というと買い物に行くと、周りにいるのは主婦の皆様が中心なのです。
あ、ちなみに毎日買い出しには行ってません。
主に一週間分の食料を土日を利用して買いに行くと言った感じです(例外もあるけれど)。

で。

周りを気にしない人なら良いんですが、レジに持って行くとき、主婦に混じって良い年のヤローがわんさか野菜やら果物やら持って行く姿は哀愁漂うというか何というか。
近くにスーパーと呼べるものが一件しかないので良くそこに行くのですが、土日に入っているバイトの女の子に

「一人暮らしですかー。買い出しとか大変そうですねー」

とか声かけられるのがとっても微妙です。
そこそこ話したりするのですがなんだかこっちを見る目が哀れな人だなーみたいな感じがしてうぬぬぬって感じです。
ま、気にしすぎっちゃ気にしすぎなんですけどね。
どういう意図で声かけてんだ?なんて失礼なことは聞きません。
まぁ何にせよ、土日の買い出しはちょっとした試練です、私にとって。

○洗濯物を干すチャンス
朝起きて、テレビを見て、天気を見て、洗濯機のスイッチを入れたのではお仕事に遅刻です。
かといって前日は晴れの予定だったのに、朝起きたら雨降ってやがる!とかいう事態もあり得るわけで、一度外に出たら夜まで帰ってこれない一人暮らし(しかもベランダは手狭)としてはいつ干せるのかというのがとても重要です。
まぁ部屋干しすりゃいーじゃんとか言う案もあります。
でも私は出来れば外に干したい人間(変なこだわりがあるんですね)なので晴れる日を見計らって洗濯物を干すようにしています。
基本2,3日に1度の割合ですかね。
ちなみにアパートの1階で、こうやって平然と干せるのは男だからでしょーね。
女の方もいらっしゃるのですが常に部屋干しだよ、と言ってました。
むしろ干しっぱなしで仕事に行く君は珍しいと希少動物扱いされました。


まぁおおむねこんな感じでしょうか。
現在は朝起きるのもかなり緊張感もってますのですんなり起きてます(寝るのが早いというのもあるけど)。
ま、遅刻だけは避けたいものですね。
これまでの流れを簡単にまとめてしまうと
1.税金関係
2.買い出しの時感じる疎外感
3.洗濯物
とおおむねこの3つです。
2,3は人によって気にしない人もいるでしょうが、1の税金関係は切っても切れない仲ですね。
何が言いたいかって言うと、一人暮らしって時間も自由だし、人目も気にすること無いけど、やることは結構あるんだよ、ってことです。
親がやってくれてるからいーやとか思わずに将来自立するならば、少しずつ聞いたりして覚えていくのが良いと思います。
なーんにも聞かなかった私は今、結構苦労(ってほどでも無いけど)してます。

そんなわけで皆さん、めんどくさがらずに一つずつ何かをしていく立派な大人になってください(;´Д`)
私も今からでもせめて恥をかきっぱなしではない大人を目指します・・・
手遅れとか言わないで(T-T)

母の日

こんにちは、満月シーフ(仮名)です。
今日は母の日です、日頃お世話になっているお母様に感謝の意を込めてお礼する日です。
そんなのしたくねーよって人もいるでしょうし、そういうのをやるのは当たり前、という人もいるでしょう。
私は中学、高校の頃は『母の日?ナニソレ?』という感じでした。
大学に入り、少しずつ感謝するようになり、一人暮らしを始めて、何となく母の偉大さを知ったような気がします。

朝、眠い中ご飯を作る。
洗濯する。
掃除する。
洗い物する等々。

現在、自分で朝ご飯を作っています。
作っていると言っても平日はコーンフレークでちゃちゃっと済ませ、土日だけ朝ご飯を炊きます。
夕飯はちゃんとご飯を炊いてはいるんですが、やっぱり朝は作る気にまだなれません。
めんどくささと、眠さが先に来ちゃうんですよね、困ったもんだ。
普段良くぶつかり合う母ですが、そこら辺は凄いと思います(常識があまり無い母なのでどっちかってーと尊敬しきれない部分もあるのですが)



さてさて、Lv87になり、お仲間も二人も呼べるようになりました。
ただ今までずっと黒字狩りをしてきたからか、メルガードをつけて何かに特攻する気になれません。
なので現在は下町で妖狐を退治しています。

そう。
私と同じ世代なら妖狐と聞いてすぐ別のを想像できるはず――!





半端な攻撃は逆効果だ
そう。
妖狐蔵馬です。
わかる人はこのシーンだけで誰と戦ってる場面かわかるはずッ!



このお方になる前の姿がこちら!


妖狐
(画像はメイプルの雫様より拝借いたしました。)
かわういです(*´Д`)ハァハァ


同じ妖狐つながりですが、こっち(メイプルの)妖狐はサベジ一撃、アサルター一撃、メルガードなし、回復チャクラとなんと黒字狩りの基本が出来ているモンスター様なのです。
狩り場選定に悩んでいるのですが、それなら黒字狩りにしてしまおうと。
目指せ!狩りだけで50M!!
誰だ、未来が見えないなんて言うやつは。



さて話は変わって、我らの満月博士がイメージチェンジしたそうです。

満月博士、イメージチェンジを図る。
もちろんショップ内でのシミュレーションですが。
髪色が赤くなっているので赤のワンポイントが欲しかったので麦わら帽子でクリアしました。
こんな風にショップ内で満足できるのでとても楽しいです。

まぁ中の人は色々と税金関係のもので納めなきゃいけないものがあるらしく、うおぉぉぉ!またとられるのかYO!とかほざいてましたね。
時間は自由に出来ますが、一人暮らしになると色々とひかれていくものがあるので結構大変みたいです。
一人暮らしの皆さん、並びに一人暮らしを検討している皆さん、これからも頑張っていきましょう。
実家暮らしの皆さん、今ある現実を当たり前と思わずに一つ一つ大事にしながら頑張ってください。


それじゃあっしは夕飯の買い物に行ってきやす・・・。

満月博士、ご乱心

「大変だあぁぁぁぁぁっ!!」
「どうした、マゾ変態シーフ」
・・・なんかすっごい失礼なことを言われてる気がするけど・・・大変なんだ!そりゃものすっごく!!」
気がするじゃねーよ、この馬鹿!だからどうしたってんだよ」
「あーもう!わかってよ!!」
「無茶言うな!さっさと状況を説明しやがれ」
偉そうに・・・まぁ実はね・・・」


事の起こりは2日前――
朝いつものように起きていつものように仕事に向かう満月博士(の中の人)。
いつも使っている道がなんと事故渋滞によって30分経ってもほとんど動かない状態。
「おいおいやべーよ。新人の分際で遅刻とかありえねーよ・・・」
冷や汗流しながら携帯電話を取り出したりして少しでも進むのを切に願っていました。
(注:運転しながら携帯を使う=手に持って画面を見るなどの行為をするのは違反です。事故につながる可能性が高いので絶対にしないでください)
遅れるなら電話しなきゃいけないのでやむを得ず手に取りましたが、それさえも違反になるそうです。

普段ならもう会社についてお茶をすすりながら自分のやることを把握したりする時間です(30分前出社してますので)。
なのにまだ半分も進んでいない、裏道を知っていれば良かったのに裏道を知らない。
焦りと時間ばかりが過ぎていき、いらいらが絶頂に達した頃、ようやく渋滞現場を通過。
良く事故を見るために、スピードを落として~というのがありますが、朝の忙しい時間帯。
警察が実況見分してようと関係なく、ダッシュで過ぎ去っていきます。
満月博士(の中の人)も焦りでかなりとばしてました(こういうのが事故の元になるんだろうなぁ・・・)
ギリギリ間に合った(9時始業で8時57分にタイムカード(みたいなもの)に打刻)。
冷や汗混じりで来たために何をするのかさっぱりわからなくなってしまい、部の始動に遅れが。
皆笑って許してくれるほど優しい人たちなのですが、自分を責めてしまい、終業後やる気減退。
むしゃくしゃしてた、ってわけじゃない。
けど何かで憂さを晴らしておかないと危ないかもしれない。
けど次の日(つまり今日)も仕事があるので、普段飲まない酒に呑まれてしまうわけにもいかない。
心がざわざわしたまま、シャワーを浴びてご飯を食べて、くつろいで・・・

そしてメイプル起動後、ついに壊れました。



「・・・悲惨だな。色んな意味で」
「他人事じゃないって!これからが大変なんだよ!!」
「あ?」
「良い?よーく聞くんだよ」
「あ・・・あぁ」



今までずーっと貯めて来たメルがありました。
それはいずれ満月博士の武器代になったり、満月シーフ(仮名)の武器代になったり、桃色マントを買う予定になっていたものでした。
色々なものを販売、委託、そして黒字狩りなどによって密かに、そして莫大に貯めていたものでした。



「・・・おい!」
「わかってくれた!?ことの重大さが!!」
「何で俺の武器やアイテムを買う予定っつーのが無いんだよ!!」
「そっちかYO!」
「他に何があんだよ!!つーかお前何キャラだよ!」
「放っといて!錫杖魔なんだから武器はこれ以上いらないし、もうほとんど強化終わってるでしょーが!!あんたは」
「くっ・・・でも欲しいものはたくさんあるぞ!」
「妄想の中で買ってなさい。話の腰折らないで!」



その総資産、50Mメル也。
言い換えれば5000万メル!
桃マント買えるほど金ねーじゃん。とか言われても困ります。
まだ貯めてる途中でしたので。
それをどうしたのかと言うと――!




闇あーるん

45Mの散財。


さらに白ポットを露店から買い占め、買った値段より安く売るという頭のイカレた転売をするなど。
憂さを晴らすにはスケールが小さくて恐縮ですが、やってるとき、「うあー!やっちまったー!」みたいなのがディジタルデータで済むので良い様な悪いような、って感じですね。
もちろん憂さが完全にはれたわけじゃないですが、なんだかすっきりしたのもまた事実。
不測の事態にも対応できるよう、もっと精神を鍛えなくては。



「・・・・・・・・・・・・・・・」
「わかってくれた?」
「・・・小さい人間だっつーことはわかった」
小さい?でしょでしょ!なんて言うか許せないって感じだよね!」
「お前がな」
「・・・・・・・・・え?」
「別にいーじゃねーか。また貯めれば」
「ちょっ!?簡単に言わないでよ!!」
「βの時は一文無しから必死に集めて武器買えたとき、やったー!っつー喜びがあっただろ?」
「え?あ、うん。まぁね」
「そんな風に貯めようと思えばいくらでも貯めれる、違うか?」
「そういや・・・武器とかが店に売っていないレベルになったときは、必死で敵を倒しながらドロップねらってたなぁ」
「だろ?そういう風にもう一度初心に返ってゲームを楽しめるチャンスだと思えば良いじゃねーか。ガタガタ騒ぐのは見苦しいぜ」
「そうか・・・そうだね!」
「それにな。俺はもう買う武器や防具を買い換える必要が無いってことだから別にどーでも良いってわけだ」
「・・・・・・・・・え?」
「必要なのは薬代くらいだが、まぁそれくらいならまだ何とかなるしな、はっはっは!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「ん?どした?龍天拳なんぞ握りしめて」
「貴様のような輩には説明する口持たず!地獄の果てまで落ちてしまえ!天・流・血・斬・殺!!
「ぎゃああああああああああ!!」
「さらに!アサルター!!
「ぐぴっ!!・・・なんで・・・こーなるんだ・・・がくっ」



事故はたいしたこと無いようでした。
車と車が衝突した感じでした。けが人も出ているわけでもなさそうでした。
ドライバーの皆さん、並びにチャリや歩行者の皆さんも事故には十分気をつけてくださいね。


――本日の出演者――
ノーマルシーフ
満月シーフ(仮名):緑色



ノーマルメイジ
満月メイジ(仮名):青色


でお送りしました。


対談形式にリトライ。
ここまで書くのにかかった時間――55分。
やればやるほどドツボにはまっていくような気がします・・・。

下町に迫る危機!

こんばんは、満月シーフ(仮名)です。
GWも今日で終わりです、明日からはまた気持ちを切り替えて頑張っていきましょう!



さて、4月29日から続いた終日ドロップ率2倍、20:00~21:00は2倍2倍サクサク4倍キャンペーンでしたね。
皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。
満月博士及び満月シーフ、メイジ(共に仮名)は5月6日からログイン出来るようになりました。
1,2はお勤めがあり、3,4,5はせっかくの休日なので友達と遊んでいたのでログインはおろか家に帰ってきませんでした(´ー`)ふーっ
まぁこの土日も洗濯やら買い出しやらで結構あわただしかったんですけどね。
では、今日の出来事をご覧くださいませ。



某月某日、満月博士から一通の指令書が届きました。

「――満月シーフ(仮名)君。
大変なことが起きた。
とても穏やかな音楽が流れる下町が最近鬼に荒らされているんだ。
もちろん私も全力で立ち向かっているが、鬼の数が多くて、さすがに一人じゃ手に負いきれない。
そこで君にも力を借りたいんだ。
どうせ暇なんだから余裕が合ったらで良い。
力になってくれ――

P.S:鬼を退治する前に町人達と親交を深めたまえ。
  君にないものを彼らはもっているぞ
                   
                                                   満月博士」



・・・博士。
指令書で打ち消し文使っても意味無いって。
書いてる内容めっちゃわかるし。
なんか消されてる分、逆に腹立つんだが。
しかもあんた全力で立ち向かってるとか言ってるけど、しっかりとフリーマーケットでまったりしてんじゃねーか。
しかも追記文はなんだか失礼なことが書かれてるし。


仕方ない、さすがに鬼とかに荒らされているなら無視できないよね。
つーか鬼相手に人間が勝てるのかしら・・・
ちょうどルディブリアムにいたからエレベーターを使って下町まで足を運んでみるかな。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
(下町探索中)
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
この町、困ってる人(?)多すぎ!!
しかもあっちこっち行かせるあの兄弟!
仲が良いんだなぁとほのぼのする前に
「おまいら、自分で行ってこい」
とか言いたくなる!
人間(満月シーフ(仮名))はダークサイドで透明になれても、米俵までは透明に出来ないんだよ!
あー、なんか早くも投げ出したくなったかも。


ツバメを助けて、手に入れた種。
でも誰に渡すか忘れちゃった。
社会人になると言われること――「記憶するのと、記録するのは違う」
まずはどんなことでもメモれ!
まぁ愚痴を言っていても始まらないので、近くにいたトクゲツさんにプレゼントしました。

すると――
何故屋根の上なんだろう・・・?
この世界では屋根の上に植物の種を植えるのでしょうか。
それとも神から与えられたものだからって意味なのでしょうか。
・・・よく、わかりません。


とりあえず言われるがままに(逆らうことさえ出来ずに)屋根の上に上がり、
屋根の上に置いてみた
種を植えてみました。
植えたっつーかおいただけっつーか。
しばらく時間をおくとあっという間に実がなります。
この早さはテイルズオブディスティニーの種植えの様です。
あれは一応街を3回出入りするというステップがありましたが。



そしてなった実は――!
圧死する!?
なんと攻撃してくるのです。
ダメージを受けることはありませんでしたが、これは何を意味するのでしょうか。
もしかして重量で屋根が崩壊するとか!?
もしくは種の重さに満月シーフ(仮名)が圧死する直前か?!
こんな物騒な実をいつまでも放置しておくわけにはいきません!



――全力で、叩き潰してやるッ!!
サベジで破壊
ガガガガガッ!!
神の与えし種に7085のダメージを与えた!
神の与えし種を倒した!!


ぽわわわーん!
87になりました。
満月シーフ(仮名)はレベルが上がった!!
シブズがLv12になった!
呼べる仲間が1人増えた!
Lukが5上がった!
攻撃力が心持ち上がった!
回避率が心持ち上がった!




まさに神の与えし種!
こんなにも経験値が増えるとは・・・
どこをどう見てもシチュエーションが違うだろ
おや、宝物が落ちている。

拾いますか?
→Yes
 No

財産差し押さえ通知書
財産差し押さえ通知書を手に入れた!
・・・なんでこんなもんが入ってるんだ?
とりあえず中身を持ってこいと言われたのでトクゲツさんに渡して、差し押さえて(笑)、クエスト終了。

ま、こんなところでしょーね。



おまけ。
このままで終わりにしようと思ったら満月博士に怒られました。
鬼退治はどうしたのか、と。
仕方ないので説明します。
下町の人々とも見かけ上十分親交が深まったので、鬼の話を聞いてみました。
すると――

黄鬼は恐がり
黄鬼は恐がりなんじゃ。

へ、へーそう。
お、おにって他にもいるのかなぁ?


もちろんいるとも!
青鬼は忘れっぽい
青鬼は忘れっぽい

・・・
・・・・・・え?


まだもう一匹もいるのじゃっ!
緑鬼はすもうが好き
緑鬼は相撲が好きでな!夜中に人に挑むのだが、人が疲れ果てると逃げてしまうのじゃ!




・・・こんな鬼を退治するなんて、私には出来ない。



本気で退治してません。
なんつーか、全然怖い鬼じゃないですよ!
むしろ放置しておいても全然害が無いと思うんですけどね、私は。
人間以外を排除しようというのは良くないことだと思います。





コメントの返信は追記から~

GWも残すところあと2日!

こんにちは。
GWも残すところ後二日になってしまいましたね。
9連休の方も5連休の方も、連休なんてねーよ!って方も来週からまた気持ちを切り替えて頑張りましょう!

今日はちょっと趣向を変えて挑戦。
果たしてうまくいくかどうか・・・



まずは登場キャラを紹介

ノーマル博士
○満月博士:ナイトLv101
主な活動:露店。
好きな狩り場:マーケット14。
文字色:黒


ノーマルシーフ
○満月シーフ(仮名):マスターシーフLv86
主な活動:黒字狩り、そろそろ経験値目的に切り替えか?
好きな狩り場:階段の聖地、公園の聖地など。黒字になればどこでも。
文字色:



ノーマルメイジ
○満月メイジ(仮名):氷雷メイジLv70
主な活動:安静中、たまにオルビス塔やエオス塔でアイテム集め
好きな狩り場:相手が凍り、なおかつ1,2体しかわかないところ
文字色:




「こんにちは、満月博士です」
「こんにちは、満月シーフ(仮名)です」
「昼ご飯を食べたばかりなので眠たいです、満月メイジ(仮名)です」
「さて今日は何を血迷ったか対談形式で進めていこうと企画書が届きました」
「頑張れ」
「ハートがないなぁ・・・」
「ンなもんいらん」
「・・・・・・・・・」

テーマ「近況について」
「特にないなぁ・・・あるとすれば露店活動は順調です、くらいかな」
「レベルアップしました、86に」
「86?4月23日の日記じゃ83なんだが。それ以降にレベルアップした痕跡がないんだが」
「SSを撮り忘れてたり、撮れてなかったりしたもんで」
「あぁ。Fn+Scroll LockじゃなくてFn+PrtScを連打してたのか」
「うをっ!?あっさり見抜くな!」
「ところで俺はレベルアップさせる気があるのか?(70で停滞)」
「さぁ?」

テーマ「名前について」
「何でメインの満月博士以外は仮名なんだ?」
「聞きたいか?では・・・」
「別に聞きたくない。次いこーぜ」
「あ、ちょっ!そこまで振っておきながら無視はきついぜベイビー」
「放っておこうか」
「すみませんでした!言わせてください!」
「プライドとかねーのか、こいつには」

――以下満月博士の説明――
名前を公開しないのにたいした理由はありません。
強いて言うなら盗賊たるもの安易に表の世界に名を広める訳にはいかぬ!
やはり隠密活動をしてこそ盗賊と言える!

「という理由です」
「うわっ!めちゃめちゃどーでも良い理由だね」
「つーか盗賊はともかく何で魔法使いまで隠す」
「ついで」
「・・・・・・殺意が芽生えたぞ」

テーマ「キャラ名について」
「これも以前やったよーな」
「お前はな。他の二人に関してはまだだ」
「だから匿名なんだってば」
「別に公開しろってわけじゃないよ。由来とかなんかあれば」
「なるほど。由来か・・・由来・・・・・・」
「(ひそひそ)思い出せないようだな」
「(ひそひそ)もう年だね」
「えぇい!黙らんか!今思い出したから!」

――以下満月博士の思ひで――
満月博士:ドラえもん のび太の魔界大冒険に登場するつるぴかのおじさま
満月シーフ:流浪人剣心のいつだか覚えてないけどタイトルから
満月メイジ:キングダムハーツのある地名から

「よーするに・・・」
「パクりか」
「人聞きの悪いこと言うなぁぁぁ!参考にしたとか言え!」
「それをパクりと言うんだ」
「まぁパクりかどうかはどーでも良いとして」
「良くないと思うが」
「とにかく!○○博士とか満月○○ってキャラは他にはいないんだね」
「そゆこと」

テーマ「女キャラ使用について」
「以前やったやつばっかりだな」
「ネタがないのと整理を兼ねてるからな」
ネタがないなら無理してやらなきゃいいのに・・・
「・・・で、理由は?」
「以前書いたとおり、女キャラの方が優遇されてるから」
「それだけか?」
「まぁ後付で良いならいくらでも説明できるけど」
「んじゃ後付で頼むわ」

――以下満月博士のこじつけ――
・今は知らないけど、始めた当時は女戦士の全身鎧が安かった(全身だけじゃないけど)
・女盗賊にはフルツがある。
・魔法使いっていったら男より女の方がイメージに合うから(ドラクエⅢで魔法使いは常に女だった)
・男より女の方が好きです(つーか比較すること自体が間違ってる)

「なるほど」
「Do you understand?」
「黙ってろ」
・・・・・・はい
「まぁつまり言いたいことはおおよそわかった」
「それは良かった」
「お前、馬鹿だろ」
「なにゆえ!?」
「・・・・・・殺ってしまえ」
「らじゃー!天流血斬殺!くらえ!サベッジスタブ!」
「ぎゃああああああ!!」

おわりに。
「無駄な時間を使ったな」
「全くだね」



自分でやっててなんだか虚しい気分になりました。
世の中の小説家さんたちは偉いんだなぁと思った連休の午後・・・




・・・コメントの返信は追記にて

鬼退治

お久しぶりです、満月博士です。
最近は満月シーフ(仮名)がとにかく黒字狩りをしてくれているだけでなく、チャーリーアイテムを支給してくれるのでだいぶ懐具合は暖かいです。
でも私はまだ狩り復帰はしません。
もっと稼いでもらって湯水のように使ってやるぜ!
なんかSmallStreamのシーフさん(様)とかぶっているような・・・



さて皆さん。
新マップである下町には鬼が追加されたんですよ!ご存じでしたか?
街を一歩出たら月見ウサギとかわいいキャラ(?)がいるのに、奥に行けば行くほど面妖な輩が彷徨いてます。
つーか街を出ただけで夜になるのかよ
しかも最近は奥地に行くと鬼が出るって噂があると聞き、それはいかん!と正義っ面掲げて、満月博士は再び下町へと足を運びました。
エオス塔からエレベーターでいける街って下町なのかどうかを問いたい・・・
下町へ到着するやいなや町の人からめんどくさい心温まるクエストを受けながら情報収集。

情報を集めた結果、
鬼を退治するには鬼をおびき出せば良いそうです。
そんな鬼なら退治しなくてもいい気がします・・・
しかも忘れっぽい鬼とかそれはもうダメなんじゃ・・・。
放っておいても下町は壊滅しない気がしました。


――が!

せっかく来てやったのに困っている人は見捨てておけないので、鬼退治を決行。
それぞれ色々なアイテムを揃え、いざ奥地へと出陣。

早速おびき出したのは――!
青鬼
青鬼さん。

体の色からして鈍器クルセイダーのアイスチャージアタックが来そうです。
でも凍りませんでした、ミスも出ませんでした。
Lv101だとちょっと弱い感じがしました。



次に呼び出したのは――!
緑鬼
火魔緑鬼さん。

毒霧の中にはいるとダメージばんばん受けていきます。
でもあっさり倒せちゃったのでなんだか拍子抜け。


そして最後に呼び出したのは

黄鬼

黄鬼さん。
攻撃モーションは青鬼さんと同じ。
ただエフェクトがちょっと違うだけ。
The 手抜き!



全体的にあまり強くなかったです。
どっちかって言うとミスが出るので小鬼とか虎の方が嫌です。
でもなんか良いものドロップするんですかね。
鬼を呼び出すためのアイテムは~~時間おきに作れるみたいです。
結局鬼の本とか集めてみてもどろーりチーズだったので戦士くらいにしか需要がなさそうです。
私はありがたく使わせていただきます。



鬼退治も済んだのでショーワ町に戻ってきたついでに、鯉のぼりクエストをやりました。
夜行は去年くらいからためていたものがあったので、それを使用。
宝石なんてダース単位で持っているのでそれを使用。
アイテムは倉庫から引っ張り出したので所要時間はわずか1分。
楽~なクエストで書とかもらえれば良いなぁ(*´Д`)ゲヘヘヘヘ






鯉のぼりクエスト




新聞紙の剣を手に入れた。
どうせなら兜ください・・・


こんなゴキブリくらいしか敵がいなそうな武器を渡されても!
つーかすでに使用済みとかだったらなんか嫌ですよ!


ま、所詮運がない人間なんてこんなもんですよ・・・



明日から5連休だ!
日頃の鬱憤を晴らしまくるぞ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。