スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繰り返される日常

最近めっきり寒くなってきましたね、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
寒くなっては来ましたが家の中でごろごろしてばっかりでは体がなまってしまいますよ!
子供は子供らしく元気に外を駆け回るのが良いんです!

・・・てな訳で外を走っていたら近所の子供達(顔見知り、でも名前は知らない)に追いかけられた満月シーフ(仮名)です、おはようございます。
何が楽しいのか知りませんが私が走る時間帯(土日以外は仕事の関係でまばら)に合わせて外に出るらしく、いっつも追いかけられてます。
いや、追いかけられてるっていうか一緒に走りたいんだと思いますけどね。
親御さんたちも「いつも遊んでもらってごめんなさいね、うふふふ」とか言ってないでちゃんと面倒見ろよとか思いますけどね!
ここは車の通りも結構あるってーのにのんきというか大胆というか・・・。
なので子供達と一緒に走るときはペースダウン・・・しすぎて逆に疲れるというトラップ(;´Д`)そろそろ勘弁してください。
ここはヘイストをかけて一気に突き放すべきでしょうか?
そんなこと出来るわけがないしたら逆にもっと追いかけられる様な気もしますが・・・



さてメイプル関連。
最近は天気が良くてもあまり気温が上がらない地域(=エルナス)にいるせいかいつもの薄着(=フルツ)じゃ寒くなってきました。
ので、ちょっと厚着をしてみたのです。
じゃーん!
満月シーフ(仮名)-3
例によってP-Shopの試着ですが。
何でペットが豚から猫に変わっているのかというとちょうど豚さんが人形に戻ってしまったからです、決して飽きたからとかそう言う理由ではありません。
黒を使った色調で統一してみました。
個人的にはゾロ帽子は結構好きです。
どんな髪型にもある程度フィットする感じ(パンク、シャギー、さばきくらいしかやったことありませんが)。
これくらい厚着をしていればエルナスの極寒の地にいてもHPが減りません(大嘘)。
水中マップに酸素ボンベとかあるんだから毛皮のコートとかあれば良いのに・・・



さて、話は変わって内容に入ってみましょう。
ここ数日、ライカン様にお参りに行っております。
ライカン様は結構お強いのですが一度倒れてしまうと次に現れるまでに若干のタイムラグがあります。
その間ホワイトヘクタ(パン)達と戯れているだけで結構経験値にもドロップメル的にも良い感じ。
少なくともイエペペ先生のようにシブズ連打、塩ラーメン連打、水も連・・・打?をする必要はなさそうです。
経済的なのかも?
そんなわけでまったりしながら(まったりレベルに関してはBlue Twistの楓戦士さんの方が圧倒的に上です)ライカン様を倒すこと数日――


レベルアップ!91

レベルがあがりました!91です。
ライカン様じゃないのはクエスト関係でルディにきていたからです。

シブズが24になり、ついに4人目を召喚出来るようになりましたヽ(´ー`)ノでもそんなにシブズが必要なところに行ってないような気がする。
やはりこれはSmallStream/のシーフさん(様)の跡を継いで、ウェンペペ先生のところに行くべきでしょうか!?
つーかこの前行って瞬殺されてきたんだけどな
ライカン様と遊び疲れたらウェンペペ先生の元にも行ってみようかな。



それじゃ今度はこっち。
レベルが84になった満月メイジ(仮名)の近況です。
アイスストライクも27になり、後1レベルでMAX30になります。
そこで威力が頭打ちになってしまうのでそこから先はエレメントアンプをあげない限り、めざましい威力の向上は図れないでしょうね。
しかしスキルレベル27でもこの威力!この効果!

061028-1

敵を一切寄せ付けぬすばらしい攻撃。
敵を片方に寄せて連打するとKB方向も固定されるのでダメージ0!
これすなわち、フリーズする敵ならばどんな敵でもノーダメージで倒すことが可能!
とっても卑怯すてきな攻撃魔法です。
ついに黒字の道を歩み始めたかッ!?
しばらくはルイネルさんと遊んでみようかと思いますヽ(´ー`)ノ楽しいですよ一度はおいで



それじゃ最後は私、満月博士がしめましょう。
一時期クエストハンターとか自称していたのにもかかわらず、全くクエストをやっていなかったので、ちょっとだけやってみました。

その一部分をご紹介します。
まず一枚目――
061028-2
人を斜め上から見たような見下した言い方をするこの少年。
未来は真っ暗です(大げさ)。
や、何故そんなにヒートアップしているのかと言うと、このクエストの冒頭に理由があります。

アサヒ少年「あのー、僕の頼みを聞いてくれませんか?」
満月博士「?・・・良いですよ。どうしました?」
アサヒ少年「まず僕を助けると約束してください、話はそれからだ」
満月博士「・・・は?」
アサヒ少年「僕を助けると約束してくれれば良いんです、するんですか?しないんですか?」
満月博士「(なんだこのガキは!)えっと・・・私に出来ることならばしますけど」
アサヒ少年「それじゃ理由を話します・・・(中略)・・・では、必要なアイテムをお願いします」
満月博士「わかりました」


――満月博士、アイテム集めに奮闘中――


結構苦労して帰ってきて、アイテムを渡すときの一言がその絵です。

アサヒ少年「もう日が暮れますよ。僕の頼んだモノは全部集められましたか?」


ものを頼んでいる立場にいるというのにお疲れ様やどうでした?の一言すらなく、もう日が暮れる、もっと早くもってこいよと言わんばかりのこの態度。
こんな少年を助ける必要なんて無い、そう感じた一コマでした。
まー世の中色んな人がいますからね、気にしない方が良いのかも知れませんが。



では次!
以前下町にいた山の神関連のクエストが気になっていたのですが、追加されていたようです。
061028-3
山の神と名乗る割には意外に(?)普通の人物。
池の中で斧が頭にぶつかって腹が立ったから(一度は拾った斧を)再び池に投げ込む神様。
そしたら持ち主が逆ギレして「ちっ!うるせーな。金か銀の斧やるって言ってんだろ」とむしろ神様が逆ギレ。
そりゃあんた、わざと放り投げた訳じゃないんだからキレるのも無理ないと思いますが。
つーか何で山の神が池の中にいるんですか?
実は池の神と言う名前が嫌だから山の神なんて名乗っているんじゃないでしょーね?
色々と疑問はありますが、まぁこんなもんでしょーねと言わんばかりのクエストでした。
でもちょっと異色な感じがして楽しかったです。

で。

その斧の落とし主(落とされ主?)は「落としたのはてめーなんだからてめーで探しやがれ!」と無謀にも神様にキレた偉人です。
私が神様なら「天の裁きじゃ」とか言って制裁加えて終わりですけどね。
まぁそんなやつが神様になられちゃ世の中は混沌の海に沈むんでしょうが。

それはともかく、落とした斧を持って行く時に話を聞いてみると、ちゃんと探してくれるか不安だったとのこと。
神様の信頼度0です。
この世界の神様は一体どんなシステムを取っているのか・・・

061028-4
報酬はやっぱり本。
しかも昔から持っていて読んでいないってことは埃まみれの本をあげるという・・・
それ絶対に報酬じゃない!
いらないものを押しつけているだけだ!
と喉元まででかかった言葉を飲み込みました。

でもこの一連の本事件。
ちょっと考えるとおかしなところがあるんですよね。
彼らは一様に昔から持っている本だ、と言う風に言うんですが、司書に持って行くときに話を聞くと最近の地震で次元の狭間が~で本が無くなったみたいな話をするんですよ。
この差は何なんだろう?
次元が違うで片付けられちゃうようなものなのかしら・・・



今日はお昼から出勤です。
うちの部長が私たちのプロジェクトチームにも関わるわけですが、私たちのやっているプロジェクトは専門外の人には理解しにくいものなんですよ。
で、うちの部長は完全に専門外なので多分全部を理解できないわけです(データとかを見ても)。でも立場的に口を出さないわけにも行かないのでしょう。
部長「だってこれはこうすればこうなるんでしょ?」
満月「(それは机上の空論ですよ!)でも予想外のファクターがあるためにそれが成り立たないんですよ」
部長「じゃあどうすれば良いの?」
満月「(それがわかったらもうやってます。)考え中です」

立ち去り際に一言

部長「普通にやれば出来ると思うんだけどなぁ」


こんな日常の一コマ。
予想外のファクターがあるときも含めた理論でモノを語らないといけないっていうのがとっても難しいです。
だって予想外ですもの。
予想されうる要因に対しては対策案も立てやすいですけど、予想外のモノに対してはすぐに対策案を立てられないんですよ。


で。
最近もっとも痛感すること。
経験から生まれる知識が絶対的に足りていないこと。
経験を積むと不測の事態にも対応することができますが、経験が足りてないと不測の事態が発生したときに考えてから行動すると言うステップを踏むためにどうしても対応が遅れがちになるんです。
これが社内とかならそう大きな問題にはなりませんが、社外(=客先)でそうなった場合、対応の遅れは大きな問題です。
信頼とかにも関わってきますしね。
良く若いうちは失敗しなきゃダメだとか言われますが、ほんとにその通りだと思います。
Try and errorの繰り返しなんです。
やってみて失敗したらその原因を考える。
原因を考えるだけじゃダメなんです。
実際に自分で挑戦してみて失敗や成功から考えて知識、経験を積まないと外に出たときに苦労します。
失敗は畏れるものではない、歓迎すべきものなのだ。
って誰かが言ってましたけど自分が成長するためには必要な物だとおもいます。
今更そんなこと言われてもなぁと思う人もいるかも知れませんが、決して遅くはないんですよ。
そう思ったときから始めれば、始めなかった時よりも確実に成長できるんですから!


と自分でも何言ってるんだかわからなくなってきたのでこれにて終了(;´Д`)ご迷惑をおかけしました。
スポンサーサイト

Lucky day

It's my lucky day today!

こんばんは、満月博士です。
10月も後1週間で終わりですね。
後2ヶ月もすれば今年も終わりですねと言っているのでしょうか。
そして社会に出てから早7ヶ月。
無我夢中でここまで来たけど、これからは自分を成長させられるように物事を考えながら頑張っていこう。



さて、本日はとても良い日でした(メイプル内限定)。

まずは――
レベルアップ!83!

レベルアップしました。
83です。
アイスストライクも24とついにマスターレベルまで後6(2Lv分)となりました。
マスター後の狩り場プランはもう完成しておりますよヽ(´ー`)ノ楽しみだ!


満月メイジ(仮名)はレベルが上がっただけではない!
もこへくたちはあまり良い(=高値で売れない)武器防具を落とさないのでドロップアイテム(=ETC)で稼ぐしかないと思っていたところ――!

攻撃手袋60%書


お札の下に赤い書が!
攻撃手袋60%を手に入れたヽ(´ー`)ノやったぜ!




しかもこの数分後、もう一枚ドロップしました。
落とした瞬間のSSはありませんが「今日はついてるな!」と思わず呟いてしまいましたよ。

満月メイジ(仮名)は倍倍キャンペーンタイムにもしっかりもこへくで稼いで70%強になったところで終了。
アイスストライクMAXを目指して頑張っています。



一方、満月シーフ(仮名)はと言うと、現在は満月メイジ(仮名)の育成に集中しているために高ドロップタイムくらいしか活動をしていないという現状です。
それでも地味に経験値を稼いだりドロップアイテムを稼いだりしてます。
ずーっとイエペペ先生の元にいたので少し飽きた気分転換をしようと思い、SmallStreamのシーフさん(様)の旦那様の元へと足を運んでみました。
以前誘惑目的で足を運んでいるのですがあまりの強さに尻尾を巻いて帰ってくると言う状況でした。



しかし現在は前とは違う!
何が違うって言ったらシブズで呼べる人数が1人増えたんだぞ!


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・役に立たねえぇぇぇぇ!




対一相手にシブズは意味ないし!
むしろアサルターやサベジでがりがりやってた方が絶対お得!

やめよう・・・やっぱり人の旦那に手を出すのは悪いことなんだ(当たり前です)。



そんなわけでライカン様を120体くらい狩って来ました(今までの前振りは一体・・・)。
アサルターを使うと確かに気絶とかさせられて便利なんですけど、
アサルター(ライカンの背後へ)→アサルターのダメージによりライカンKB→接触→赤字
と言う流れになってしまいます。
昨日イエペペ先生から教わった間合いとスクリーンアウトのためのポジション取り。
結構シビアみたいです。

私には出来なかったので――
サベジ→サベジ→ライカン吠える→体当たり(爪攻撃よりダメージ低いし、うまくいけばMISSになります)→サベジ→アサルター
で撃沈。
何度かやってみたんですがサベジ3連発するとどうしても爪攻撃を受けてしまうみたい。
2連撃の後にアサルターでも良いかもしれませんが、さすがにもう2回位(計4、5回)攻撃しないと倒せません。

結構浮気がいつばれないかはらはらドキドキ感があって楽しかったです。


んでもってライカン様からの贈り物はこちら。
80盗賊ブーツ

80の盗賊ブーツでした。
でもSTRタイプなので価値は薄そうです。



ほんとはシステム的な面を含めたネタがあったんですけどそれはまた今度って事で。
今日はこの辺で失礼いたします。
皆さんも風邪には気をつけてくださいね。



追記1
リアルタイムに知ることが出来なかったのですが、SmallStreamのシーフさん(様)が入院されているそうです。
不慮の事故や怪我というのはどれだけ気をつけていても起きてしまうものですが、皆さんも出来るだけ気をつけるよう心がけてください。
一日も早く完治されることを祈ります。



追記2
GMアイピに繋がらなくなりました。
あまりに更新しなかったから削除されたのか閉鎖したのか移転しただけなのか不明ですが、どうしようもないなぁ・・・企業として。
と思った雨の降る夜の出来事でした。

小さなMiss

冷蔵庫を開けたら中に何も入ってない。

米びつを開いたらすでに空っぽ。


そんなとき、夕飯(つーか夜食)をどうしようか悩みます。


こんばんは、満月博士です。



9月で前期の締めが終わり、10月から新期になりました。
9月は忙しいという言葉を発する余裕すらなく、もはや日々ぐったり。
土日がない・・・と言うか一体何日休めたのだろう?と疑問に思うのも馬鹿らしい日々が続いておりました。
10月も新期と言うことでそこそこ忙しいのですが、9月に比べるとかなり楽です。

・・・と言うことを違う部署の人に言ったら「今の状態が楽って思えるって事は9月よっぽど酷かったんだね・・・」と何故か憐れみの目で見られてしまいました。
同じ部署の人も「お前はいつも忙しいなー」と言われます。
そのたびに「え?今は結構楽ですよ」と答えては肩をぽんぽん叩かれて「大変な思いをしてたんだなぁ」と言われます。

もしかして私は間違っているのでしょうか。



まーそんなどーでも良い話はさっさと忘れて本題です。
と言ってもあまりネタはないんです。
帰ってきてシャワー浴びたりしているとゲームする気が無くなるんですよね。
シャワー浴びて、ご飯を食べる気になれば食べるけど、冒頭のように何もない場合は空腹をこらえながら寝るわけです。
大体12時前には寝てる気がする。
起きるのは6時だからまぁ普通くらいなのかな。

で。

結局ゲームやるのは土日になるわけですが、土日は買い物行ったり友達と遊んだりお仕事したり(?!)で結局あまりやれていないという現状。
でもやれるときはこの辺しかないので思いっきり楽しませてもらってますヽ(´ー`)ノ最近重たいぞこんちくしょー

えーと。

本題からずれた話題しかないんですが、あえてネタを作った絵があります。






こちら!
鬼の包み

何かのクエストで手に入れた鬼の包みとやらを開封。
きっと戦えるんだろうと思ったら素通りするのみ
包みの意図がよくわかりません。
敵を鑑賞するためでしょうか?
でもこの包みを手に入れるためにはそこそこ強いスケルトン軍団(鬼よりも強い?)を相手にしなきゃいけないので、やっぱり意図が見えません。

どなたかこの包みの意図がわかる方がいらっしゃいましたら突っ込んでください、お願いいたします。



さてさて、満月シーフ(仮名)は日々イエペペ先生のもとで修行に励んでおります。
本日はアサルターで接触しない間合いについて、だったかな?


イエペペ先生「ちがーう!お前は場所取りが出来ていないからダメージを受けるんだ!何度も言わせるな!」

ゴン!(満月シーフ、拳でドツかれる)

満月シーフ「ぬ・・・」
イエペペ先生「良いか、ダメージを受けるか受けないかは良いポジションが取れるかどうかで決まると言っていい」
満月シーフ「(うるせーな、くそ・・・)」
イエペペ先生「良いポジションはここ!ここ!ここ!そこより一歩でも入り込まれたらダメだ!お前のように簡単に踏み込まれたはダメだ!」
満月シーフ「ぬ・・・」
イエペペ先生「だが相手も同じ事を考えている。お前に良いポジションを取らせまいとより中に入り込もうとする」

イエペペ先生、満月シーフの前に入り込む。

満月シーフ「ふぬ」

満月シーフ、イエペペ先生をかわしてその前に入り込む。

イエペペ先生「中に入ろうとしてくる」

イエペペ先生、するっと満月シーフを交わして入り込む。

イエペペ先生「そしたらどうするか」
満月シーフ「ぬ」
イエペペ先生「体を張って止める!力で相手を外に押し出す!」






イエペペ先生「これがスクリーンアウト



満月シーフ「まてぇぇぇぇぇ!今までのはアサルターでダメージを受けずに抜けられる間合いの話じゃなかったんかっ!?」
イエペペ先生「ふっ、愚かな。私はそんなことを一言も言っていないぞ」
満月シーフ「や、確かに言ってないけど、流れ的にそんな感じだっただろう!」
イエペペ先生「気のせいだ」
満月シーフ「つーか元ネタわかりやすすぎてダメだろ!最近パクりが多くなってないか?」
イエペペ先生「ネタがないんだろ。そのうち飽きると思う」
満月シーフ「そうかぁ?」



・・・ネタが思いつかないときはパクリになる傾向があるようです。
以後、気をつけます・・・



さて、今日のタイトルはこちらが起因しております。

ちょっとしたミス


普段ならばーかだなぁとか思うわけですが、似たようなことを私もやってしまったので他人事じゃありません。
や、私の場合は日付は問題ないんです。
ただ冒頭でも書きましたが10月から新期になっているのにもかかわらず、客先に提出する資料に思いっきり前期のNoで作成してしまったのです。
営業からも何も言ってこなかったから良いのかなぁとか思ったりしてます・・・。
さすがに気づいた後の資料は書き直しましたがそれ以前のは全部前期のNoで出しているような気がする(;´Д`)あーあ、どうしよう・・・



コメントの返信は続きから~

晴れ時々曇り

こんばんは、満月博士です。
最近めっきり寒くなりましたね。
この前の土曜日だったかその前だったかもう記憶が定かじゃありませんが凄い大雨の後から寒かったり暑かったり。
日が沈むのもだいぶ早くなり、先輩を家まで送る日々が続いております。
皆様、お元気でしょうか?



さて、満月博士はこの度、ちょっとした旅行に行って参りました。
それは――!



リプレへの船

リプレ村への旅!
実際の良好じゃないのかよ
ビクトリア大陸⇔オシリア大陸間は空飛ぶ木の船。
途中海賊バルログ様が襲ってくる怖い船です。
オシリア大陸⇔ルディブリアムはおもちゃの船(どうやって飛んでるかは不明。そりゃ木の船もそうか)
オシリア大陸⇔リプレ村はなんと鳥の形をした船!(唯一飛んでいても不思議じゃないかも知れません)。

あれ・・・?
でも待てよ。
確か鳥の形をした船って何かで見たことあるな・・・










ワンピース Vol25.P86より

ゴーイングメリー号フライングモデル!


・・・先行されていたわけですね。
でも鳥モデルの船ってとっても斬新で良いと思います、普通の航海には邪魔そうな気もするけれど。



で、リプレのことを簡単に。
高レベルの敵がたくさんいる新マップ。
氷が弱点っぽい敵がいたり、火が弱点っぽい敵がいたり、聖属性が弱点っぽい敵がいたり(全部試してない、つか試せません)でそれなりにバランスは取れてそうな感じはしました。
リプレに行くならエリニアのハインズ様から依頼を受けていくと行ったり来たりが無くなって良いかも。
100武器が実装されたとかで行ってみたものの、敵の強さにあっさり撤退。
露店で100両手剣を見てみれば速度が「やや遅い」と致命的。
120までは今のクレイモアで頑張った方が無難かも、とか思い始めています。
ところで110武器加工アイテムは実装されているのかしら?
そこまでチェックは出来ませんでした。



それじゃ今度はこっちの報告。
どこどこ

やっと少しずつ動かせるようになってきた満月シーフ(仮名)。
レベルも90になり、シブズも3人目の仲間を呼べるようになりました。
ひゅぅぅぅん、どこどこ。
と言う効果音を連発しているとみるみるのうちに無くなっていくMP。
大量の水と塩ラーメンを食しながら満月シーフ(仮名)は今日も氷の大地を駆けてます。


満月シーフ(仮名)「もっとはじっこ歩きなさいよ!」
どこどこどこ!


今日もどっかで因縁をつけてます・・・



さてもう一人の方もレベルが上がって、アイスストライクが15になりました。
スキルレベルがMAX/2になるとき、消費MPが×2になるというよくわからない状態だった物がいつの間にか修正されたのでしょうか?
S.LV15→16でMPが×2になっていませんでした。

証拠SS
修正?

何にせよやっぱりこういう関係じゃないと意味無いですよね。
これで育成の仕方もS.LVをしばらく貯めるのは戦士、弓弩使いのExだけになったのかな。
レベルがあがったらやっぱりスキルに振りたい私にとってはこの修正は素直に嬉しかったですね!



余談。
経験値2倍キャンペーン(サクチケ混みだと4倍)中の満月メイジ(仮名)の経験値効率を見てみました。
Battle Style:Torrent of Thunder
Place:もこへく

21:00データ取得開始 635079(17.11%)
22:00データ取得終了 2182217(58.82%)

経験値増加量:1547138(41.71%)

とんでもない効率でしたヽ(´ー`)ノ
ところで英語はこんな感じで合ってるんでしょうか・・・正直自信ないです・・・


コメントの返信は続きから~

神無月には十分注意!

こんばんは、9月があっという間に終わり、とうとう10月です。
新期になって新たにやることが増えて、そして9月中の頑張りが無駄(と言うわけではないけど)になるか、はたまた成功してHappy Octoberになるか・・・



さて、皆さん。
満月博士はこの度なんと――!





















事故に遭いました(;´Д`)アチャー


ま、怪我らしい怪我はしていませんがお車さんの方は助手席が開かなくなると言う大ダメージです。
私一人だけが乗る車ならあまり気にしないかも知れませんが、色んな人を助手席に乗せている以上、扉が開かないじゃ困るんですたい。

じゃ、状況を説明しましょう。

片側二車線の道路。
見晴らしは良く、信号間はざっと見積もって4、5km(もっとあるかも)。
あたりはライトも街頭も無くても十分に明るい時間帯です。
事故発生時間は16時40分頃。
車の通り自体少ない道路なのでまぁあんなところで事故に遭うまいとタカをくくっていた私も悪いっちゃ悪いかも知れません。

で。

ちょろっとした緩やかなカーブにさしかかった頃、カーブのInに相手の車、Outに満月博士の車が走っていました。
相手の車より私の方がやや後な感じでしたね。

んで。

緩やかなカーブを緩やかに曲がったわけです、二人とも。
しかし何を考えてくれやがりましたかカーブを曲がっていきなりハンドルを右に(しかもかなり急に)切る相手のドライバー。
「ちょっ?!」
と思ってブレーキ踏みはしたものの時はすでに遅し。

グガァン!

と鈍い音を立てて二台衝突(つーかぶつけられたわけですよ、私からすれば)
ぶつけられた反動で相手との距離は離れはしたものの、こっちはカーブのOutから曲がってるものだから隣の縁石にずりずり(;´Д`)バカヤロウ
他の車は走っていなかったので二次災害が発生することはありませんでした、不幸中の幸いです。

で、「いってぇ・・・」と呟いた瞬間に脳が覚醒。
逃げられちゃ困るって訳で用意してあったペンとメモ帳(こういうことで使うために用意した訳じゃないけども)を取り出しナンバーと車種を記録。

――したものの、相手方はしっかり止まりました。
ま、そりゃそーだ。
とりあえず車を端に寄せて降りて状況確認。
相手は50過ぎのおっちゃん。
とりあえず免許証を確認し、名刺をもらう(何かあったら連絡してくれっつーことで電話番号も控える)。
残念ながらプライベートの時は名刺なんて気の利いたものを持ち歩く趣味が無い満月博士は名前だけ告げる。

で、ぶつけられた箇所を見てみるとべっこり凹んでいらっしゃいました。
買ってから半年ですが事故も無く、平和に過ごしていたのに・・・!
相手方も凹んでるけどもそんなのは関係ない。

関係ないって言ったのはぶつけてきたからとかじゃなくて、同乗者(つまり相手2人、私1人の計3人)含めて全員怪我が無かったからまずはそれを喜ぶべきだろうと。
物は直せば済むけど人の命は治せません。

とりあえず警察を呼んで実況検分。
保険屋(実兄)も呼んで状況確認と今後について打ち合わせ。
とりあえず必要なのは車の修理代。
相手方は全面的に自分が悪いと言うことを認めてはいるけども保険っていうのはどんな状況でも
走行車 : 走行車
では10:0と言うのが存在しないそうです。
停止 : 走行
でない限り良くて9:1、8:2だそうです。
ぶつけられた事故なのに何で払わなきゃあかんの?とか理不尽に思いますが世の中そういうもんだそうです。
まぁ今回は相手が全額払うって言ってるんだから特に理不尽に思う必要も無いんだけれども。
後は車屋さんと保険屋さんのバトルになるそうなので私はとりあえず待機。
ただ明日出社(またかよ)するのにも何をするにしても自宅では車が無いと何も出来ません。
なので代車を手配してもらい、それに乗って帰ってきました。


皆さんも事故には十分気をつけてください。
自分だけが気をつけてもしょうがないって気もしますが、瞬間的に動けるように緊張間を持続させるよう心がけてください。
今回みたいな程度で済めば良いですが、車はやっぱり凶器ですからね。
使い方を誤るととんでもない事態になります。
車だけじゃなくて物を扱うのが人間である以上、便利性とそれに潜む危険性を軽視するような事だけはやめましょう。

とりあえず、わたくしはシャワーを浴びて寝ます・・・
おやすみなさいまっせ



それにしても幸先不安なOctoberです・・・




コメントの返信はRead moreから~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。