スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もこもこ、ヘクタに学ぶ、弩の使い方

満月博士「最近めっきり暑くなったなぁ」
満月弩士(仮名)「何言ってるんだよ。これ書いている時点でまだ6月じゃない」

出張先からめいいっぱい予約していますからね。

満月博士「まぁ時事ネタも入れておかないとまずいじゃん?」
満月弩士(仮名)「(何がまずいんだろう…)まぁそれはともかく、最近のネタって分かりづらいのが多いよね。メイプル関係じゃないものもあるし」
満月博士「確かにね。じゃぁ今日はメイプル関連で攻めてみようか」
満月弩士(仮名)「ほほぉ?企画書には特に何も記載されていないけど?」
満月博士「ふっふっふ。聞いて驚け、今回は弩の正しい借り方だ!」
満月弩士(仮名)「借りるなぁぁぁぁぁ!!
満月博士「おっとすまんすまん、狩り方だったよ」
満月弩士(仮名)「わざとの癖に…

日本語の変換ミスって結構怖いですよ。
皆さんも気をつけましょう。
(例: ×確立30% → ○確率30%)

んじゃ、今日の更新です。



弩の二次職――クロスボウマン。
スナイパーとして能力を開花させるために、必要な基礎体力をじっくり蓄える時期。
そのスキルも基礎的なものが実に多い。
じっくり見ていきましょうか。




――弩のスキル紹介――

プログレス
プログレス
弩系武器の熟練度と命中率がアップする。パッシブスキルにつき、レベルを上げるだけで効果がある。
4次スキル、クロスボウエキスパートの習得条件にもなっているので、MAX必須。
MAX20で熟練度60%、命中率20UP。



EXアタック
EXアタック-弩
前提スキルはプログレス3。
攻撃スキルが使われた後、一定確率で追加攻撃が発生。この攻撃にはMPを消費しない、二回スキルを使って攻撃するより、EXアタックのほうが攻撃スピードが速いという特徴を持つ。
しかし、一定の確率で発生するのでそこに敵がいようといまいとお構いなしという一面を持つ。
いろんなことを考えると玄人向けなスキルである分、実用性はいまいち。

基本的には0推奨。
あげるならMAXの30まであげないと使い物にはならない。



ブースター
ブースター-弩
前提スキルはプログレス5。
ふぬおぉぉぉぉ!!と気合を入れる事で消費する体力と、精神力。
しかしその威力は絶大で、武器の攻撃速度をスキルレベルによらず一段階上昇させることができる。このスキルはレベルを上げると消費する体力、精神力が減るだけで、速度が速くなったりはしない。
しかしかけなおしの手間などを考えるとMAXを推奨する。



パワーノックバック
パワーノックバック-弩
個人的弩の至高スキルの一つ。
気合を入れて、敵をぶん殴り遠くのほうへぶっ飛ばす攻撃スキル。
最近のパッチでぶっ飛ばし率(ノックバック確率とも言う)が上昇したため、実用性が増した。
夢は弩でぶっ飛ばし続け、敵を殲滅すること。
当然ながらMAX必須。推奨じゃなくて必須。



ソウルアロー
ソウルアロー-弩
前提スキルはブースター5。
魂を削って命の矢を生み出す諸刃のスキル。
このスキルを使用している間は矢を消費しない……というか矢を持っていなくてもぶっちゃけ問題ない。
なんと言ってもスキル発動時の「みょぉん」という音が可愛らしい。
スキルレベルMAXで600秒と非常に長くありがたいが、ブースターと時間を合わせるために、スキル7(210秒)で止めて他のスキルに回すという人もいるらしい。
まぁMAXまであげても、あげなくても実用上あまり問題はない。
ただし7以上はあげておいたほうが良い。



アイアンアロー
アイアンアロー-弩
パワーノックバックに続く、弩の至高スキルの二つ目。
6体までの敵を貫通させるほどの威力で解き放つ鉄の矢。
残念ながら敵は貫通しても絶命はしないが、絶命させずに敵を貫くなんて物理法則に違反するスキル。
アインシュタインも真っ青だ。
このスキルはパワーノックバックとあわせて真価を発揮する。
当然MAX必須以外に無い。



弩のスキル紹介、以上。
(画像はメイプルの雫様より拝借いたしました)



満月博士「くっくっく。これで分かったであろう」
満月弩士(仮名)「いや全然。というかEXアタック以下の説明が適当すぎない?」
満月博士「そんなことはないだろう!失敬な」
満月弩士(仮名)「(あんたのほうが全国の弩士に失敬だよ・・・)」
満月博士「分かってくれたとは思うが、弩士というものはパワーノックバックとアイアンアローがあれば完成するのだ。その他のスキルは基礎体力として必要なものばかりなのである!!」
満月弩士(仮名)「ほほぉ……で?」
満月博士「この絵を見たまえ!!」


アイアンアローで一斉射撃



満月博士「見たまえ!パワーノックバックで敵を吹き飛ばし、そしてまとめつつ、アイアンアローで一斉射撃!これぞ弩の真髄、これぞ弩の借り方」
満月弩士(仮名)「だから借り方言うなぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
満月博士「素晴らしい威力だ。この敵を集める間PKB以外の攻撃をしないあたりが特に!」
満月弩士(仮名)「ポイントそこかっ!?つーかダメージ受けまくっているけど!?」
満月博士「気にするな!赤字で何が悪い!!狩りなんていうものは赤字でなんぼのもんじゃ!」
満月弩士(仮名)「だって黒字狩りしなきゃお金が・・・」
満月博士「狩りができなくなったら黒字狩りでもして稼げばよかろう!金があるうちは赤字で戦い続けるんだ!!」
満月弩士(仮名)「何か今日はちょっとまともなことを言ってるね…。どうしたの?」
満月博士「暑さのせいでとち狂ってるんだ!気にするな!!」
満月弩士(仮名)「うわっ!自分で言い切ったよ・・・。大丈夫なの?この人」
満月博士「はーっはっはっはっは!!」




とりあえず元気にやってます・・・。
スポンサーサイト

ジャクム開放、しかし…

皆でワイワイジャクム。
ということで5ch分開放されたエルナス地方のBossクラスのモンスター、ジャクム。
Bossクラスということで、グループを組んでPTで挑むためのモンスター。

実装当時は23時過ぎまでメンテしたり、3chは異常なまでに重かったりしました。
そして腕捥ぎ戦と呼ばれる戦闘法が確立されたり、本体までいったら強制落ちしたりとかしました。
それがある日の夜中に、

「ジャクム本体を撃破しました」

というトップランカーの拡声器が飛びました。
この衝撃の発言に動揺が広がりましたが、ランカーSUGEEEEEという声も多くありました。
しかし恐るべきは他にあったのです。

それが、
ジャクムの兜
ジャクムの兜。
実装当時は標準でSTR、DEX、INT、LUKがALL15という能力により、取引価格は当時で200Mを超える勢いでした。
それゆえに人が集まり、ジャクム討伐を試みるが、腕捥ぎ戦で疲弊しきったPTには容赦ない鉄槌でジャクムは旅人を撃破してきました。

それが…

色んな地方の実装。
そして待ちに待った4次職の実装により、ジャクムはBossから強い雑魚モンスターとなってしまい、毎日頻繁に召喚→滅を繰り返すばかり…。

そして楓サーバでは効率よく、なのか、欲深いからなのか、門の前にジャクムに挑戦する時間を記載した看板制度というものが出来上がりました。
しかしその看板の出し方も「おいおい……これじゃ他の人挑戦できねぇじゃん」と言わんばかりの出し方です。

「月-金 22:00-25:00。土日、16:00-19:00」

一日を取るのではなく、一週間をまとめて取っておく。
その時間帯にしかログインできない人には一生ジャクムに来るなということなのか…。
満月博士は一度、ジャクムを見学したくて、閉鉱を超えて、ジャクムの門まで行って閉口しました。

「ダメだ、こりゃ」

と。
そりゃ拡声器でトリプルスローとかエンジェルレイとか、アドバンスコンボ枠に入れてくれって言うのが流れるわけだと分かりました。
行くPTがいないんじゃなくて、入れるスキがないのね・・・。

まぁ満月博士の場合はアドバンスコンボの威力を知らないので、特に気にもしていませんが、確かに欲しいっちゃ欲しい(青じゃなくて赤のくるくるをしたいというだけですが)。
そんな折に3月(でしたっけ?)に一度1ch分だけじゃなく、5ch分でジャクムが開放されるというイベントがありました。
これならきっと!と喜び勇んでいってみたら

「月-金 22:00-25:00。土日、16:00-19:00」

またお前かよ!!
というのが各chに発生(;´Д`)こりゃ無理だ

諦めて、『何故か』二段階だけを終えて帰還。
ジャクムはもうだめだね…。

そもそも何でこんなにも人気なのか?
一つ:ジャクムしかドロップしない超弩級のアイテムがある(ジャクムの兜)
二つ:ジャクムしかドロップしない4次専用のスキルブックがある(TT、Aレイ、ACなど)
三つ:ジャクムしかドロップしない4次専用のマスタリーブックがある(詳細不明)

これらを解決するためにはどうしたら良いか?

解決案その1
ジャクムの兜は一プレイヤーにつき、1個しか手に入らない(複数ドロップしても1個以上持てない)。
強化で消そうが何をしようが自由だが、一度手に入れてしまったらもう二度と手に入れられない。
取引不可。
さらに、ジャクムの兜を所持しているメンバーは1週間に1度しか挑戦できない。

まぁこの案の欠点は、友達の手伝いなのに祭壇に入れないとかそういうのが多くなりそう。


解決案その2
ジャクムしかドロップしないスキルブック、マスタリーブックを通常のモンスターからドロップするようにする。
現在、人気の狩場とそうでない狩場で明暗が分かれているため、人気のない狩場にそういうドロップを設定する。


解決案その3
通常マップにジャクムが沸く(゚Д゚)!
デンデンマップにジャクムがいるぜ!とか、ワイバーンを倒してたらジャクムが現れた!とか完全ランダムに設定してしまうとか。
通常の敵を倒していたらいきなりジャクムが湧いてお墓がぴゅーっと…(;´Д`)



固定Bossに専用スキルブックというのはやめてほしいなぁ。
何とか別のモンスタードロップにしないといつまでたっても4次スキルを覚えられない人がいるよ…。
でもそれってネクソン政府のせいじゃなくて、プレイヤーの問題なような気もするし…。

難しい問題ですね。

訓練所の疑問

満月博士「うぅむ。プレミアム切手が廃止になったか」
満月シーフ(仮名)「もう1ヶ月も前の話だけどね」
満月博士「そこは気にするな。予約投稿のせいだ」
満月シーフ「(日にちずらせばいいのに・・・)」
満月博士「結局一度もプレミアム切手を買うことなく、終わってしまったな」
満月シーフ「そんなのはどうでも良いんだけど、今後はどうなっていくんだろう?」
満月博士「廃止直後はP詐欺とかが増えそうな気がするけどな」
満月シーフ「あー……確かに」
満月博士「ネクソン政府としてはP詐欺防止、プレイヤーのためにプレミアム切手を出したような気がするけどな。それを悪用されたとなっちゃ、P詐欺を叫ばれても『もー知らん』で終わるかもしれないな」
満月シーフ「善意を悪用されたわけだからね。でもこういうときにはネクソン政府を批判する人多いよね」
満月博士「そりゃ、いつの時代も『私が悪かったです、ごめんなさい』なんていう奴はいないだろ。今の世の中を見てもそれは分かるし、それを年代の若い世代に求めてもしょうがないよ」
満月シーフ「お手本となるべき大人の不始末が後を絶たないからね。若い世代はなおさらかもしれないね」
満月博士「そんな世の中だからこそ自分で考えて、行動する力が必要なんだけどね」
満月シーフ「そうは言っても中々難しいものなんだね」
満月博士「中々難しいで済ませてはいけないような状態になっていることに早く気づいてくれることを祈るよ」


じゃ。今日の更新です。



皆さん、武稜という地方をご存知ですか?
オルビスから、もしくはアクアリウムから行くことができる穏やかでコミカルな音楽が流れる癒し系マップです。
武稜のほうにはそこそこ人が集中しているのに、何故か白草村の方には人がほとんどいないという不思議なところ。
その武稜に訓練所というマップがあります。

そこに出てくるのは、

藁案山子
わらカカシ。

動きは鈍く、平地にたくさん湧くため、大人気の狩場ではありますが、このマップ。
実は「初級修練所」→「下級修練所」→「中級修練所」→「上級修練所」とマップを進むごとにランクアップしていくのです。

そう。

つまり、初級修練所で敵を倒せるようになったら下級→中級→上級と徐々にランクアップしていくはずなのに!!
何故か初級を卒業した者達は違うマップへと飛びだってしまい、下級、中級、上級にはほとんど人が来ないという悲しさ。
(まぁ出てくるモンスターも大して変わらないが)

良いのか……これで。

やはり修行者にとっては徐々にランクを上げていくべきじゃないのか?
満月鈍器(仮名)なんて上級マップで狩っていたら人が入ってきて、
「(おぉ!?もしかして修行者か!?)」
と思ったら、
「マップの撮影に来ましたwwそれにしても浮き輪戦士初めて見たwww」
と言われる始末。

むぅ……。
どうやらマップサイトのご様子(そっちか!?)。
いまだに理解できない「w」の使い方。

まぁ良いや。
どっちにしろ鈍器戦士にお仲間はいないということが証明されただけってことだね(TДT)

世の中で必要なのは金なのか?

その出来事は、不意に起こった。

「レベル80のナイトです。姫吸わせてくれる人、時給1M支払います」
(レベルは80だった気がしますけど、違うかも)

いずれヒーローになる、いわば英雄の卵である騎士(ナイト)。
騎士として皆の先頭に立ち、ある時は華麗に、ある時はぼろぼろになっても皆を守り抜く立場の者達。
彼らに必要なのは、金か?
違う。
騎士に必要なのは誇りだ!!
誇りを失った騎士は英雄になどなれはせぬ!
何故それに気づかないのか…。

せっかくタイラス様が戦士としての威厳を示してくれたというのに、未だ英雄の卵たちは頭をへこへこ下げて、金に物を言わせている。
そしてそれが英雄として認められた瞬間、態度を変える。
悲しい……実に悲しい。
4次実装前の騎士の扱いを知っているか?
 ・5回に1回強力な攻撃が放てる。
 ・放った後はコンボが5つになるまでただの人。
そんな不名誉なことを言われていたのだ!
騎士の卵たちはその言葉に傷つきならも修行に修行を重ねた。
そして苦労の果てに得られた英雄という名の称号。
これにどれだけ歓喜したことか!!

苦労を超えてこそたどり着けた喜び。
今の騎士の卵たちはその苦労を金で買い、誇りを失ったいわばエセ騎士に成り下がってしまった。
嘆かわしい……実に嘆かわしい。

英雄達よ。
目を覚ませ。
お前達の誇りは金で買えるような安っぽいものではないはずだ!!

人々を守るという任務に誇りを持つのだ!
苦難には耐え続ける忍耐力を持つのだ!
強敵には自ら立ち向かう精神力を持つのだ!
皆のためには犠牲になる覚悟を持つのだ!!

まぁ簡単にまとめちゃうとレベルアップくらい自分で頑張ろうよ(PT組むのも有り)。
今楽すると後で辛くなるよ(ナイトの苦労があるからヒーローで強さを実感できるんだから)。

まぁプレイスタイルなのであまりガーガー言うのもみっともないですけどね…。
ちなみに満月博士は必殺技は毎回放てないからこそ必殺技だと思ってます。


じゃ、今日の更新です(前振り長い)。



満月弩士(仮名)が武稜の初級修練所に行って見ました。

それにしても湧きがすごいですねぇ。
ここに来るためにはPKB(Power Knock Back)が必要かも。
次から次へと湧くために、矢を発射する余裕が無いときも、多々あります。
そういう時はPKBでズボゴン!っとふっ飛ばせば気持ち良さそう。
残念ながら満月弩士(仮名)はPKBを習得していないので、

敵が湧いた⇒弩で叩く⇒距離をとった⇒敵が湧いた!⇒以下ループ

そんなこんなで敵を引き連れて歩いていましたからね。
もしかしてPKBのない弓・弩は辛いかも。
投げとかはどうなんだろ?
ジャンプ投げができるから問題ないのかな?

でもここは近接戦闘職の居場所だと思いますけどね。
戦士はスラッシュブラストでずぼばしゃ!
斬りはサベジでカカカカカッ!(5回、音したっけ?)
魔法使いは近・遠両方いけるので大丈夫なのか?

ま、弓や弩でも狩れないことはありません。
満月弩士、藁案山子をつかむ
ある程度の距離が取れれば、ただ矢を発射しているだけで敵は次々へと沈んでいく。
弩の場合はPKBとアイアンアローで一気に貫くのが快感ヽ(´ー`)ノです。


………本日はこれだけ(;´Д`)勘弁!



コメントの返信は続きから~

皆の本音を暴く

満月シーフ(仮名)「まったく……どうして全員集合なんてかかるわけ?」
満月メイジ(仮名)「どうせまたくだらないことでも思いついたんだろ」
満月鈍器(仮名)「中々迷惑な話ではあるが、依頼とあれば無碍に断るのも悪いだろう」
満月弩士(仮名)「そうかなぁ」
満月投げ(仮名)「……なんにしても、もうしばらく待ってみるか」

・・・3時間後。

満月博士「Hello.いや、待たせてすまんね」
全員『遅いわあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!』

ずごめきゃ!!

満月博士「ぶふふぇ!?」
満月シーフ(仮名)「ったく!なに考えて3時間も遅刻するんだよ!!」
満月メイジ(仮名)「今度という今度は下手な答えしやがったらただじゃおかねぇぞ!!」
満月鈍器(仮名)「正当な理由をお聞かせ願いたいものだな」
満月弩士(仮名)「この前、パワーノックバックっていう新技覚えたから試して良い?良い??」
満月投げ(仮名)「まぁとりあえず理由を聞こうじゃないか」
満月博士「くっ!?今日は貴様らの本音を暴こうと思ったが、暴くまでもなかったか!!」
満月シーフ(仮名)「は?どゆこと?」
満月博士「これを見ろ!!」

本音解析-満月博士
満月博士に対する周りの本音。
・満月シーフ(仮名):笑
・満月メイジ(仮名):笑
・満月鈍器(仮名):恋、好
・満月弩士(仮名):哀
・満月投げ(仮名):頼、信

満月博士「ほら見ろ。鈍器と投げ以外は私のことを見下している証拠だっ!!」
満月メイジ(仮名)「………これ、仮名のままだからなぁ」
満月弩士(仮名)「うんうん。参考にならないよね」
満月シーフ(仮名)「(つーかこんなことしてて楽しいのか、こいつは)」
満月博士「ふっ!馬鹿どもめ!こっちをみろ!!」

本音解析その②

・満月シーフ(仮名)の本名:
・満月メイジ(仮名)の本名:、愛
・満月鈍器(仮名)の本名:愛
・満月弩士(仮名)の本名:笑
・満月投げ(仮名)の本名:友

満月博士「見ろ!これでも言い訳ができるか!?」
満月メイジ(仮名)「う~ん……これはなぁ」
満月弩士(仮名)「確かに言い訳できないなぁ」
満月博士「認めたか!自分達の敗北を!!」
満月シーフ(仮名)「でも事実だし。」
満月博士「な……なに……?」
満月メイジ(仮名)「事実は事実。諦めて受け止めてもらうとして」
満月弩士(仮名)「3時間遅刻した言い訳にはならないよねー」
満月シーフ(仮名)「と、いうわけでぇ!」
満月博士「おい…ちょっ!ま、待て!話合おうぢゃないか!?」
満月シーフ&メイジ&弩士『問・答・無・用!!』

ぼこめきゃずしゃべきぐしゃ!!

満月博士「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」




満月鈍器(仮名)「ま、世の中面倒なこと多いしな」
満月投げ(仮名)「確かに。関わるのが面倒だから関わらないのも一つの知恵かもしれないな」



とりあえず、信頼がないことが分かった満月博士。
このまま友達を試したらどうなるんだろうと思い、レッツトライ。

友達の本音



結論。


やらなきゃよかった(T-T)






本日のチェッカーはこちら。
人間関係まるわかり!?本音チェッカー様より、拝借。

四字熟語に例えると

以前、ドラクエ成分解析というもので、満月博士達を診断した結果がありました。
その他にも色々あるみたいですが、キャラクタを四字熟語で表すとどうなるかというものがありましたのでやってみました。



四字熟語メーカで行いました。

では、早速結果を発表。

○満月博士の場合
満月博士の場合の四字熟語
I……INT4を馬鹿にするなぁぁぁぁぁぁぁぁ!!


○満月シーフ(仮名)の本名の場合
満月シーフ(仮名)の四字熟語
まさに盗賊!これぞ盗賊の生き方なり!!


○満月メイジ(仮名)の本名の場合
満月メイジ(仮名)の四字熟語
なんと!?(゚Д゚)あの姿が秘密美人とな!?



これ。
アバター3
じゃなかった。



こっち。
黄金錫杖魔
うぅむ……どこら辺が秘密美人なんだろ?


○満月鈍器(仮名)の本名の場合
満月鈍器(仮名)の四字熟語
まさに一寸先は闇!
これは鈍器戦士の未来を暗示しているのだろうかっ!?(知るか)


○満月弩士(仮名)の本名の場合
満月弩士(仮名)の四字熟語
ね……年齢重視?どういうこっちゃ(;´Д`)


○満月投げ(仮名)の本名の場合
満月投げ(仮名)の四字熟語
これは後々メインに昇格するということなのだろうか?



ここから先は勝手に解析。
生贄は敬称略でポルテミス、聖彩、めったいのお三方。

くっくっく。
どういう結果になるかな。


○ポルテミスの場合
ポルテミスの四字熟語
大爆笑!盗賊は盗賊だが、空瓶とは!!


ちなみにポルテミスはこんな感じ。
イメージポルテミス



○聖彩さんの場合
聖彩さんの四字熟語
・・・・・・・・・。
ごめんなさい、つっこめません(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)


聖彩さんはこちら(多分こんな感じだった気がする)
イメージ聖彩さん
レイドン装備なのは、まだレイドン実装時に友達からもらったから、ということらしい。
そこには強さを求めるのではなく、感謝の念だけで装備し続ける彼女は偉大(ちなみにLvは120で失踪)。



そしてお待ちかね。
我らがめったいさんは――!
めったいさんの四字熟語
おい!
言い方が何か悪いわ!!

………めったいさん、風邪には気をつけてください(;´Д`)



そしてお三方、勝手にネタにしてごめんなさい……。

3次転職をするためには

3次転職の垣根が低くなってきてはいるといえ、やはりレベルを70まで上げるのはつらいもの。
そこには時間という大きな壁や、メルという大きな壁や、集中力という大きな壁があることでしょう。

もし、今の状態で私が大学生だったら。
まぁ3次転職するまで1ヶ月といったところでしょうね。

以前では半年とか1年とか普通にかかってましたけどね。
1キャラに集中すればたぶん1ヶ月くらいでできそうです。
そうはいうものの、それが一体どれくらいの労力なのかを計算してみました。

ちなみに、3次転職までに必要な(Lv1からLv70まであげるのに)経験値は、

33,608,279

直感的に分かりづらいですか?
約で言えば3361万EXPです。
(メイプルの雫様から拝借しております)

しかしこの経験値、実は・・・


















Lv122からLv123になるために必要な経験値(3306万EXP)とほぼ等しい(;´Д`)


まぁつまり。


3次転職するのもLv1あげるのも似たようなもんなんです。
と、いうわけで。

メイプルアイランドに降り立った冒険者がデンデンのみを倒し続け、レベルを70にするためには……。


1120万匹(サクチケ有りなら560万匹)のデンデンを撲殺しなければならない。


恐るべき数です。
1120万匹とか軽くいうけど、マップの構造やら敵の湧きを考慮したとしても1分間に平均して(Lv1からLv70で)倒せるのって40匹くらいでしょうか(初心者装備だから移動、ジャンプは100%)。
(いくら一撃で倒せようとも敵のところまで行くのがまずつらい。)

まず仮に1分間に40匹のデンデンを倒したと仮定すると、レベル70までにかかる時間は?
280069分なり。




(;゚Д゚)!?




4668h


4668時間!!



24時間フル稼働しても、194日!!



なんと194日間もデンデンを24時間、毎日毎日飽きずに撲殺し続けなければならないのである!!




しかもこうして得られるのは、
HP1030(計算上)と、775MP(計算上)のみである!!
(初心者はレベルアップごとにHPが14.0、MPが11.0上昇する(INT4の場合)ため→参考:「初心者時代のAPの振り方で差ができるのか」)




これを達成した偉人には「神」という称号を与えてなんら問題ない。
むしろLv70になった瞬間、HP10000、MP10000とかにしても良い位の労力である(T-T)
神となったキャラクターの放つオーラに触れた瞬間、敵は次々絶命し、不審な動きをしているキャラクタは一瞬で街へと強制送還される。

まさにやりたい放題。
そんなことしたらゲームバランスが~とか言う輩がいるかもしれない。
しかしそのくらいの労力がかかっているし、まずデンデンのみでLvを70まであげようとするのは普通の人の左斜め上を行く人間がいたとしても無理。

えぇ、100%不可能と言い切りましょう。

なに?人の可能性は無限、だと?
不可能といってしまえば何もできないだと?

くっくっく。
ならばやってみるかい?
繰り返すがデンデンのみ、だぞ?
その他の敵を倒すことは一切認められない。
攻撃することすら認められない。

ふむ…そうだな。
クエストで手に入れられるドルコダガーの入手くらいは許可しよう。
まぁ手に入れたところでたかがしているがな……くくく……はーはっはっはっは!

ククク…。
馬鹿共にはちょうどいい目くらましだ。
その間に空いた狩場は私が使ってくれよう。
見ろ!
まるで初心者マップがごみのようだ!!
はーっはっはっはっは!

『バルス!!』

うわぁぁぁぁ!目がぁぁぁ、目がぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!


満月シーフ(仮名)「何をとち狂ってんの?こいつは」
満月メイジ(仮名)「さぁな。暑さと忙しさで頭のネジが外れたんじゃないか?」
満月シーフ(仮名)「何だよ、最初の企画書では「3次転職するために楽しみながらレベルアップする狩場紹介」とか書かれてるのに」
満月メイジ(仮名)「どうせあれだろ?書くのがめんどくさくなったとか、書いているうちに目的を忘れたとかそんなもんだろ」
満月シーフ(仮名)「博士がこういう風にとち狂うとこっちにしわ寄せが来るから勘弁して欲しいよね」
満月メイジ(仮名)「まったくだ」
満月シーフ(仮名)「……とりあえず、もう一回サベジしてから川に流そうか」
満月メイジ(仮名)「どうせだったら俺のコールドビームで氷漬けにしてからにするか」
満月シーフ(仮名)「そだね」




・・・その後、満月博士の姿を見たものは、誰もいなかった。

皆は知らない、フィクシの秘密

メイプルの世界にはコミカルでかわいい敵がたくさん存在しています。


例えば、
じゅにあばるろぐ

ウホッ!いい男!(お約束)


まぁそれはそれとして。
可愛いところといえば、

ジュニア三色犬
ジュニアグリュピン、ライオナ、セリオンとか、


フィクシ
スタールナーサンフィクシとか。


特にジュニア三色犬なんて叩くのがかわいそうなくらいに可愛いです。
昔はサンフィクシのマップは2倍ドロップタイムの時は満員でしたし、何より闇クリスタルが高価に取引されていました。

その頃のサンフィクシたちは怯えていたことでしょう。
いつ、自分達の秘密がばれてしまわないか。
ほら、いつだったか満月シーフ(仮名)が河童の秘密を世にばらしたじゃないですか。
あれと同じです。
頭が見えていない人たちってその帽子の下はどうなっているんだろう?とか好奇心が湧くじゃないですか!
しかし現実的に実行すると世間体が悪い。
だから偶然を装うしかないのです。


まぁつまり。


帽子の下はつるっつる

帽子の下はつるっつるだった!



きっと女性ホルモンが足りていなかったのでしょう。
それにしても……可愛そうなサンフィクシ。
人が来なくなってほっとしていたら突如襲来する満月投げ(仮名)。
手裏剣をしゅぱぱぱと投げられてばたんきゅ~となる時に見られてしまったつるっぱげ!
これできっと女性ファンが激減したことでしょう(笑)。


それにしても帽子の下には毛が一本だけはある、とかそんな小さい表現をしてくれたらなぁと思います。
そういう細かい心遣いが大好き。



と本日はわけの分からないタイトルとわけの分からない本文で、これにて御免!

エルナス地方の魔女

先輩に頼まれた出張ラッシュもそろそろ終わりです。
といっても大してやることがあったわけではなく、我々が製作した装置の使い方を現場のオペレータの方に分かりやすく教えたり、何が不具合があったときの対応要員として待ちがあったりと、忙しくはないんだけど、そのせいで逆に疲れるという日々を過ごしていました。

やることがいっぱいあると、気合が入るのか分かりませんが、あまり疲労を感じない。
逆にやることがあまりないと、気合が入るわけもなく、ただただ暇を過ごすだけなのでものすっごく疲れる。

ふしぎヽ(´ー`)ノふしぎ


んじゃ、今日の更新です。



いつからか良く分かりませんが、色んなマップにマクロ対策(?)の敵が現れるようになりました。
例えばエルナス地方のもこもこ村では、

魔女
氷の魔女が現れます。

問答無用と攻撃すればエルナスまで強制的に戻す送還魔法を使う猛者。
手を出すと・・・いや、魔女にダメージを与えると送還魔法発動のようですが、これって斬り賊様必殺のメル爆破で倒せたりしないものかしら?
ねぇ、満月シーフ(仮名)君、試してみる気はないかい?

満月シーフ(仮名)「メルプロ振ってないし。」

ちっ!
ったく……使えねぇな。
まぁ冗談はさておき、この魔女はダメージを与えなければ良いんです。
しかしもこもこ村を襲撃している以上、そういうわけにもいかんでしょう。
となると、何かしらでこの魔女を退治する必要がある。

一体どうすれば……と悩む必要すらない(前置き無意味)

なんと、魔女が登場すると、
魔女の弱点
狩り人の祭壇に戦利品を奉げれば魔女の力は弱まると。

まぁつまり。

はしごを上った先にある祭壇に、戦利品(ジュニアイエティの毛皮だの、ヘクタの尻尾)を奉げればOK。
魔女は送還魔法を使えなくなり、できるのはただの体当りのみ。

そうなったらもう楽勝。
適当に攻撃しているだけであっさりと撃退できます。
ジュニアイエティよりは強いけど、攻撃自体してこないので無問題。
1時間置きに湧くとかそういうのではなさそうなので、一度対峙してしまえばしばらくは大丈夫。
まぁ何時間湧きなの?という質問には答えられませんが。

思う存分もこもこ村を襲撃して帰り、エルナスのマーケットによってみたら、チャーリーアイテムが1個1000メルとか(;´Д`)

インフレっぷりは凄まじいですが、裏を返せばチャリクエで億万長者も可能ということか!!





















みんなにはないしょだよっ!!

夏の憂鬱

満月弩士(仮名)「夏だねー!」
満月鈍器(仮名)「………あぁ」
満月弩士(仮名)「うや?どしたの?暗いね」
満月鈍器(仮名)「この時期は毎年な……」



皆さんはサーフボードクエストというのをご存知ですか?
毎年夏ごろになるとジパングのキノコ像がカラスだったり、火狸だったり、野狐だったりのアイテムと浮き輪とスノボをあわせると出来上がるサーフボードというがあります。

もうお分かりでしょう。
普段捨て値だったり、店内に並ぶことすらない浮き輪=片手鈍器。
それがこの時期だけは店内にずらっと並ぶため、鈍器戦士にはとても嬉しい仕様なのです。

普段と同じ捨て値だったらね・・・(;´Д`)

この時期だけは値段が10倍くらい違ったりして正直買う気になれません。
ただでさえ書の値段が10倍くらい変わっているというのに、武器の値段まで10倍になられたらとてもじゃないけど強化なんてできません。
まぁ強化は良いでしょう。
気がむいたときにしかしないので。

でも…!

でもですよ!

やっぱり鈍器=安くてお手ごろというものを崩して欲しくなかった。
ただでさえ人気のない鈍器職。
浮き輪系を装備しているからお仲間か!?と思ったら、ヒーロー・ダークナイトとか(;´Д`)せめてパラディンとかならまだ救いがあったのに!!

わかります?

これだけ色んなマップをめぐってきた満月鈍器(仮名)ですけど、未だにお仲間に出会わないんですよ。
でもアンケートで、剣 or 鈍器 を選択すると鈍器戦士やってます系の返信が多い。
しかし出会わない。
本当にやっているのか?ということが疑問になってくる。

鈍器の素晴らしいところは実はその浮き輪にあるというのに!!
浮き輪には攻撃力だけでなく、何かしらの付加価値があり、さらに振り速度が「やや速い」と優秀!
良くリーチが短いからダメージ受けやすいんだよね~とか言うけれど!
ある程度レベルが高くなったらPG付き体当りが一番ダメージが小さくなるのは周知の事実!

ヒーローである満月博士なんて体当り1100で、その他攻撃は2300とかざらですから!残念!
(骨龍とかは波動砲が3500とかですもんね・・・)

つまりリーチが短くても長くてもノープロブレム。
ダメージにバラつきがある?
見た目が格好悪い?

ほほぉ。
君たちはこれを見てもまだそんなことが言えるのかね?
















































鈍器の真の姿
素晴らしい……素晴らしいよムスカ君。













アバターを試着してみようで話したいでたちをそのまま再現します。
原住民スタイル
この格好こそ鈍器戦士のあり方(TДT)感動に値する。
以前すれ違った伝説の人のセンスに脱帽・・・




まぁ正直鈍器を使おうと斧を使おうと、剣を使おうともダメージのばらつきを気にしてちゃダメですよ。
バラつくからこそ戦士なんだし、接近してこそ戦士なんだから。

とにかく。

鈍器戦士を救済・増やすためにも鈍器の値段は今のままで。
鈍器書を全露店から買い占めて、価格を吊り上げるのだけはやめてください・・・(;´Д`)
鈍器書がないなぁ…と露店を回っていたら、なんと買占めと思わしき人がいました。
鈍器書を200枚くらい持っていて、しかも1枚5Mとかで。。。

さらさら買う気はありませんでしたが、値段の吊り上げだけはやめて欲しかった。
いまさら言ってもしょうがないので、私はドロップした鈍器で今日もエルナス地方を駆けています。



満月鈍器「――と、言うわけだ」
満月弩士「ふ~ん。つまり値段が高いって言う文句?」
満月鈍器「ちょっと違うけども……まぁそんなところだ」
満月弩士「良いじゃん。弩もそうだけど、投げのユニコーンなんて大変なことになってるよ?」
満月鈍器「ほほぉ?」
満月弩士「特に強化もしていないユニコーンが500Mで売れてたりとかざらだし。それに比べればたいしたことじゃないでしょ」
満月鈍器「500Mって……正気かお前ら」
満月弩士「お金持っている人は持っているんだねぇ」
満月鈍器「まぁこっちもクエスト報酬は持っているからな。売ればそこそこになるが」
満月弩士「露店していないからお金が入ってこないと。後どれくらい?」

満月鈍器「………後3.2Mくらいだな。そろそろやばいかも」
満月弩士「…………」



終。

7月の更新予定

6月も終わり、季節は夏に突入!

ということは学生諸君はテストに苦しんでいることでしょうヽ(´ー`)ノクククク。
まぁそれが終われば夏休みとか思えば2週間くらいの勉強を我慢してやるのが吉ですよ。
今サボると後で後悔するから…。
さて、6月はなんと15記事の更新と振舞ってきましたが、7月は少し落ち着きます。
というか毎月そんな風には更新できません。

ということで、7月の更新予定は・・・

7月2日(水) 「夏の憂鬱
7月5日(土) 「エルナス地方の魔女
7月8日(火) 「皆は知らない、フィクシの秘密
7月11日(金) 「3次転職するためには
7月14日(月) 「四字熟語に例えると
7月17日(木) 「皆の本音を暴く
7月20日(日) 「世の中で必要なもの
7月23日(水) 「訓練所の疑問
7月26日(土) 「ジャクム開放、しかし・・・
7月29日(火) 「もこもこ、ヘクタに学ぶ弩の使い方

をお送りします。
投稿時間は全て12時00分となっています(24時間時計で表示)。
なお、リンクはその日にならないと繋がらない予定となっておりますのであしからず。
7月14日と17日の更新には友人達が許可を取っていないのにも関わらず登場します。
何のために登場するのか、ポルテミス、聖彩さん、めったいさんのお三方はびくびくしながらお待ちください。
くっくっく…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。