スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過ぎ去りし過去の思い出 Act.1「エリアボスとの遭遇」

この日記は、2008年中に撮られたSSを元に作成されております。
2009年8月終わりの状況とは大分違うと言うことをご認識くださいませ。



晴れて神々しい輝きとともにスナイパーとなった満月弩士(仮名)。

249.png

スナイパー。
やはり代表的なのはゴルゴ13であろう。
下のサムネイルは1024×768用の壁紙である。

golgo_1_1024.jpg

彼のように、何が起こっても冷静沈着でいる精神力が必要である。



と、言うことで。



各地のボスを見て、動揺しないように射抜いて来たというのが今回のお話。
弱い奴から徐々に、なんて言うことはしない。
とりあえず近いところだったり目についた場所、平たく言えば、何となく目についた奴を片っ端から片付けてきた、と言うわけである。



ケース1「お狐様」

下町のクエストを片付ける際に必要だったのはお狐様退治。
とりあえず雑魚妖狐を片付けつつ……と言いたいところだが、今のレベル、スキルの習得状況からすると普通に強い敵である。
何度も呪いをかけられ、そのたびに治療する……のもめんどくさくなり、呪いをかけられたまま射抜き続けて約1時間。

090824-3.png

ついにその姿を現したお狐様。
まだレベルの低いストレイフではダメージがほとんど通らないだろう。
と言うことで、未だ主力して輝く1次スキル、ダブルショット、略してDSを使用した。

お狐様よりも周りに湧く雑魚妖狐に苦戦しながらも――

090824-4.png

無事に撃破しましたヽ(´ー`)ノ
まぁ苦戦するようなレベルでもないと思うんですけどね……(;´Д`)



ケース2「学者の亡霊」 ※これはエリアボスではなく、街へ強制送還するマクロ対策用の敵です。

お狐様との激闘を終え、ふぅと一息吐くためにマップを切り替えてみると、そこには――!

090824-5.png

変なおっさん……じゃなくて、学者の亡霊がいらっしゃいました。
妖狐のしっぽを祭壇に捧げると、本当にただの雑魚と化しますので、

090824-6.png

DSであっさりと撃破しましたヽ(´ー`)ノ成仏してください!



ケース3「セルフ」

海をふよふよ泳いでいると、目の前に何か異物を発見しました。
それが――!

090824-7.png

海の主(?)――セルフである。
ちょっぴり可愛いキャラである。
しかしどれだけ可愛かろうと敵は敵である。

090824-8.png

ぼこぼこ遠くから射抜き、敵をあっさり撃破(。◕‿◕。)
どうやら遠距離攻撃を有する職では反撃すら許さず撃破することが可能なようだ。



久方ぶりにロングバージョンの更新となりましたがいかがでしたでしょうか?
正直な話、以前は良くあれだけ長いお話を書いていたなぁと自分で感心したり……若いって良いなぁ。
当時と1、2歳しか変わらないけど。

未だメイプルに復帰できそうな気配はありませんが、これからも細々と更新を続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

休みの過ごし方

時には涼しく、時にはじっとりと暑いお盆休みが終わりを告げてしまいました・・・。
あぁ、どうしてこんなに休みの日は時間の経つのが早いのだろう…。

こんばんは、満月博士です。

楽しいことをしているときとか、忙しいときっていうのは時間が早く過ぎるものと言いますが、休みの日、特に最後の土日は早かったですね。
まぁ最後の方は特にやることも無かったので、嫁と二人でテレビを見たり、ゲームをしていたわけですが。

小学校の頃から夏休みや冬休みとかっていうのは、宿題を最初の1週間で全て片付けて(日記とかは別ですが)、残りのフリータイムをエンジョイするのが週間でしたが、それが社会人になっても適用されているとは・・・。
最初の二日に残された仕事や資格試験用の勉強をして、残りの三日をフリータイムに当てました。

嫌なことは最初に。
楽しいことを後にすることで、テンションを上げる方法です。
今日中にこれをやりきったら、明日はこれで遊んでも良い、と言ったルールを敷くのです。
それが好きなものであればあるほど、遊びたいから頑張ると言った形につながっていくのだと以前、誰かに教えてもらいました。

結構簡単に誰でもできますので、やってみると良いですよ。
初めは1時間勉強したら遊んで良いとかに区切るとかで、徐々に時間を増やしていくとかしてね。

さて。

残り三日のフリータイムとはいえ、お盆です。
結局14日、15日は私の方と、嫁の方のお盆参り+買い物にあて、夜とか残りの1日が実質のフリータイムになったわけです。
映画(DVD)を見たりしたのですが、嫁が急にポケモンやりたいと言い出したので、引き出しからDSと(嫁が買ってきた)ポケモンを渡して、プレイ。

ゲームはあまりしない人なのですが、ピカチュウ可愛いとか言って、それを捕獲する旅に出たようです。
ちなみにポケモンのダイヤモンドをプレイしています。
私は初代のグリーン以降、ポケモンをやっていないので、現在がどういうシステムなのかはわかりませんが、なにやら楽しそうなのでよしとしました。
まぁちょくちょくこれはどうしたらいいの?とか聞かれますけどね。
知るかっちゅーねん。
やってる画面を凝視している訳じゃないんだから、わかるかっつーの!

とは言わずに、○○したら良いんじゃないの?とか曖昧な返事をしていましたが。

その間、私は何故か今更テイルズオブアビスをプレイしておりました。
以前からプレイはしておりましたが、何故か途中でやめていた経緯がありましたので、最初からプレイ開始。
ちょっとやりにくい面はありましたが、主人公ルーク君の断髪式までたどり着きました。

ちょっとテーマは暗いですね・・・。
まぁABYSSと言うのを直訳すると深淵とかになりますしね。
ただ、なんて言うか今までの中で一番主人公に共感できる作品です。
誰も自分のことを理解してくれない。
たった一人だけ理解してくれる人を師匠(せんせい)と呼び、いつからかその人のことを妄信的に信じ込むようになってしまい、結果として・・・。

深いテーマだけに中々楽しむとは言えませんが、やはり楽しいです。

まぁ嫁からは何そのゲームとか言われていますけどね。
やはり知名度としてはDQ、FF、ポケモン、マリオがトップレベルにあり、他のゲームはその他扱いだそうです。
それが悪いとは言いませんが・・・。


何はともあれ、人のやっているゲームに口出しはしないで欲しいものである。
265.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。