FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ5冒険記 第七章

DQ5冒険記が続いています。
と、言うのも現在出張中なのですが、ホテルのインターネットがメイプルを弾きやがるんです。
メイプルだけならまだしも2chも見れない状況。
よって仕事から帰ってきたらDQ5以外にやることがないのです……。

そんなわけでもうちょっと続きます。
今回のもネタばれが多分にありますので、読まれる方は自己責任でお願いいたします。
ついに結婚相手を選択することに。

候補は、

1. ビアンカ
  幼馴染?
  幼少の頃、レヌール城のお化け退治をしたことがあり、別れ際に装備をひっぺ返した経緯あり。
  実はリュカの2歳年上。
  レヌール城のお化け退治したときが8歳で、リュカの奴隷生活が10年であるため、単純計算で18歳(SFC版は10余年だがDS版では10年になっていた)。
  と、言うことは、この時夫となるリュカは16歳である。
  現実世界では結婚すら認められない年齢であるが、そこは問題ないのであろうか?


2. フローラ
  良家のお嬢様。年齢不詳、リュカと同じくらい?
  幼少の頃、ビスタ港ですれ違った経験あり。
  しかし二人の接点はそことサラボナ入り口で犬を捕まえたことだけで、そのほかは特になし。
  そもそも自分のために危険を冒したとはいえ、そこに好意は芽生えるのか?
  付き合ってみたいかも、というレベルじゃなくて結婚ですよ?
  第一リュカの目的は「天空の盾」だし。
  ルドマンさん、こんなやつに嫁に出して良いんですか?(笑)


3. デボラ
  突如結婚相手になってやると入ってきたフローラのお姉さま。年齢不詳、フローラより上ということはビアンカと同じくらい?
  どっから見ても高飛車&派手好きっぽいが、言うことがはっきりしすぎている。
  現代社会には珍しい存在である。
  デボラとの接点はフローラより少ない。
  ビスタ港ですれ違う瞬間、「あんた邪魔よ」の一言のみである(その後部屋まで行けば会話はあるが)。
  本人が望むのであれば良いのだろうが、この世界の結婚基準はまったくわからない。



さて、フローラとデボラを選ぶと後々、ルドマンさんから色んなアイテムをもらえるようになる(はず)。
ストーリ上優先するのであればビアンカ、というのはSFC時代からの流れであろうが、残念ながらこれはDS版である。
SFC時代散々結婚したビアンカ、フローラには眼もくれずに、なんだか怖いデボラ姉さんを選択する。


結婚相手が決まったところで、シルクのヴェールを取りに、山奥の村へ。
戻ってきたらルーラでカジノ船へ。


……あれ?


ルーラって一度も行った事のない場所でも行けるんですか?
ルーラで一緒に行く誰かが行っていればOKなの?
う~~む……ダイの大冒険を読んでいた私としては納得できる設定ではないのですが……。


しかも大人数でのルーラのため、疲れて気絶してしまったとか。


この時点でルーラしたのは、
リュカ、イエッタ、ピエール、スラりん、ジュエル、ヌーバ、プックル、スミス。
アプールはカンスト発覚の時点でモンスター爺さん行き。
代わりにスミスを呼び戻しました。

といういつものメンバーに加えて、
ヘンリー、マリア、ルドマン、ルドマン妻となります。
きっとデボラは別の手段で行ったのでしょう。
何故それに親であるルドマン夫妻が着いていかないのかはわかりませんが。

実はこの時、検証としてリュカ以外のモンスターを預けてみました。
ということはルーラで飛ぶのは

リュカ、ヘンリー夫妻、ルドマン夫妻の計5人。
いつもよりルーラで移動する際の人数が少なくなっています。

しかしリュカは気絶してしまった。

ということは、

ルーラで運べるのは人数ではなく重量である。
ヘンリーとマリアは絵的に太っているとは思えない。
そもそも奴隷でろくに食事も与えられていなかったんだから太りようがない。

それはイコール、ルドマン夫妻の重量が、キラーパンサー含むモンスターよりも重いということになる。


あの二人は体内に鋼鉄でもしこんでいるんかいな…。


まぁそんなわけでデボラと結婚したリュカは船をもらって一路グランバニアを目指す。
え?物語的にはポートセルミから南下してテルパドールだって?
だって画面の上には世界地図が描かれているし、決められたところにいくばっかりってつまらないし。
そんなわけでチゾットを経由しつつ、グランバニアを目指すことに決定。
途中のメダル王の城なんてスルースルー。


そしてチゾットへの山道。
魔法じじい×5の先制攻撃→全員ベギラマで1軍沈没。
2軍はろくな装備すらさせていないため、命からがら逃げ出す。
スラりんのリレミトで脱出し、ネッドの宿屋で復活&回復。

さすがに5連撃ベギラマは辛い…。
まぁ次はそんなこともないだろう、と楽観視して突撃2回目。
2回目は特に苦労することも無く、チゾットへ。
山中、ルドマンさんの贈り物として、水の羽衣を手に入れた!
これは炎系の攻撃を和らげる効果があるということで、プックルに装備させた。

そしてチゾット到着。
倒れるデボラ。
しかし次の日にはリュカより速く起きているデボラ。
………寝すぎ?

目指すはグランバニア。
しかしその道は険しく、崖からジャンピングゥ~をしなくてはいけない。
つーかそれは自殺なんじゃ……。
途中のおっさんに質問攻めにあった。

この水の羽衣はお前さんのかい?
 →いいえ

このすごろくけんはお前さんのかい?
 →いいえ

この小さなメダル以下略
 →いいえ

で全部くれた。
正直者は珍しいと嘆いていたよ。

もらえたものはデボラに装備。
そしてグランバニアへ。

サンチョと再開し、オジロン王と話そうとしたところ、デボラが再び倒れる。
子供を宿していることが判明。

………あれ?
速すぎません?

つい先日結婚してからまだ2、3日しか経過していないんですけど……。
そんなに早く子供が生まれるなんてことはありえません。
2、3日なんて妊娠しているかどうかすらわからないと思うのだが。

と、言うことは。
なんとこの時点で驚愕の事実が発覚。


デボラはもともと妊娠していた。


………おい!
いくらなんでも強引過ぎるだろこの設定!
せめて1年は親元で幸せな日々を過ごしていたが、再びパパスの遺志を継ぎ、母親を探すたびに~とか一文が無いと、これって大変な事件に展開しますよ!

しかも、しかもですよ?

ビアンカ、フローラ、デボラ。
容姿、性格に差はあれど、そのスタイルは抜群です。
そんな人たちがグランバニアについて、リュカが王様になるための証を取ってくる間(長くとも1日)の間に子供が生まれるっつーことは、それなりのおなかをしていてしかるべきです。
それに気づかないということは……。


リュカが気づかなくても、周りが気づくだろ(;´Д`)



もしかして、DQ5って深いところまで読み解いていくとすっごい黒いストーリーだったりしますか?
うえぇぇぇ(;´Д`)




何はともあれ、リュカはグランバニア王となり、デボラは子供を生みました。
誰の子供かは知りませんが……。



そして王様に即位したその日の夜、再びあの日の悪夢が訪れた――





物語は青年時代の前半から後半へと受け継がれていく。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://404notfoud.blog47.fc2.com/tb.php/230-f70899d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。