スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去りし過去の思い出

さて、新年も明けて三が日も終わりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、このたび私、満月博士は初めて知ったのですが、ブログの予約投稿って限界があったんですね。
FC2の場合、どうやら30記事が限界のようです。

30記事を超えて予約しようとすると、

予約投稿の限界

こんなものが表示されるんですね。
30記事以上投稿したければ、解除申請をする必要があります。
ただし翌月15日を越えると再び制限が科せられますけどね。

解除申請には、
名前、メールアドレス、ブログURL、ブログパスワード、解除理由、そしてスパムではないというクリックが必要となります。
理由が妥当であれば、その日、もしくは翌日にメールアドレスに返答が返ってきます。

まぁ大抵は解除されると思いますけどね。


それにしても、30記事分予約って凄いですね。
1ヶ月8記事(去年の実績)なので、約4か月分を予約している計算になります。
つまり……この記事を書いている本当の時期がもろばれになるという……。


それはさておき。
メイプルの話題に行ってみましょうか。



今日はちょっと過去のお話。

満月博士が誕生したのはメイプルワールドがまだ「かえで-1」とか「かえで-2」とか表示されている時代でした。
「かえで-4」まであったのかな?

当時の満月博士はオンラインゲームというものにちょっと抵抗感を持っていました。
というのも、巡回していたHPのあるコンテンツに「オンラインゲームの持つ闇」というものを見ていたからなのです。
どっぷりハマってしまうと廃人になる。
リアルを犠牲にする。
金を無駄遣いするようになる(ゲームにばかり投資する)。
という項目が気になっていました。

満月博士の性格も影響していたのでしょう。
元来ゲーム好きで、レベル上げとかが好きな私はSFC版DQ5の主人公を自力でレベル99まで上げるような人間です。

それがオンラインになったら果たしてリアルを犠牲にしてまでのめりこんでしまうのでは…と思い、中々踏み切れずにいました。
そんな葛藤の中、出した答えがやってみて少しでもつまらないと思ったらやってみようと思いました。

で。

オンラインゲーム=プレイするのに金がかかる。

という図式があった私は財布とも相談する必要があったのですが、メイプルストーリーは無料ということでほっと一息。
とりあえず友人に聞きながらキャラを作成しました。

名前を適当に決めて、そのままの状態(サイコロをぽちぽちしない)でゲームスタート。
オープニングも無く、いきなりマップに放り出されるこのゲームで何をしていいのかまず不明。
女子高生っぽいキャラ(NPC)が何か言っているので、とりあえずクリックするとクエスト開始。
で、クエストをクリアするまでは良いんだけども、未だにどうやってレベルアップするのかがわからなかった。

フィールドに出て、剣をぶんぶん振り回し、ついにレベルアップ。

なんだ……こんな簡単にレベルアップするのか。
という感想を抱きながら再びデンデンたちを撲殺していきます。
感覚でわかったのでしょう。
赤デンデンは強敵だ、と。

しかしレベルアップはすれども一向に攻撃力も防御力も上がらない。

Why?

なぜなら、レベルアップ時にもらえるAPを振る、ということすらできなかったのです。
STRは力か。
DEXってなんだ?
INTは賢さだろう。
LUKは運のよさか?
HPは体力だろう。
MPは魔法力だな。
とかそんな思考です。

力が上がる=攻撃力が上がるということは理解していましたが、DEXの意味がわからず悶絶。
とりあえずHPに3、STRに2振って見ましたが、大して攻撃力もHPも変わらない。
次はINTとLUKをあげました。

LUKがあがる=クリティカルヒットが出やすい。

そんな思いがあるためか、STRよりLUKが高くなってしまった。
ダメージは微妙に上がっているけど、ぜんぜん強くなった気がしない。
そもそも防御力が上がらない。

そうか、DEXは防御力だな。

という感じの思考になり、生まれたキャラは

STR:17
DEX:14
INT:19
LUK:22

HPに3振ったすべてに平均的なキャラが生まれました(レベル10)。
街について150メル払って違う大陸に行ったのはいいのですが、どこに言っても転職できない。
そもそも転職することすら知らなかったのですが、すれ違った人がなんだかかっこいい武器を身につけていたのです(ただの両手剣だったと思いますが)。
それを売っている店を探し、有り金はたいて買ったはいいけど、装備ができない。

意味がわからん。

ということで武器をじっくり眺めてみると、

初心者 戦士 魔法使い 弓使い 盗賊

となっていたことに気づき、これは戦士が装備できるのかというのがわかりました。
戦士の村にいるということで街中を駆け巡り、コブシを開いて立てにお会いします。
しかし着き返される事実。

戦士転職に必要な能力:STR35以上。

うむむ。後4レベル上げなきゃいけないのか。
となったわけです。

街ですれ違う人が普通に会話しているのを目にしましたが、どうやって発言していいのかすらわからず。
そもそも半角/全角キーを押しても半角のままだったので、何か特別な方法があるのか、と思っていた私はただただ一人でボーっとするばかり。

街の外に出ては緑きのこに瞬殺され、街に強制送還。
HPが回復するまでぼーっとしていて、回復したら再び殴る→瞬殺→回復→繰り返し。

一向にレベルが上がらなくなったのでこれはきっと違うんだ、こういうゲームは向いていない。
ということで1日であっさりメイプルストーリーをやめたのです。

翌日、メイプルをプレイしていた友人と話してて、転職する方法を教えてもらい、再度チャレンジ。
初心者時代から戦いは始まっているとか言われて、サイコロぽちぽち。
INT、LUKが5、6で良いだろ、ということでプレイ開始。

あの剣がかっこいいとか思ったくせに歩んだ道はなぜか弓使い。
しかしまたここでポカをやらかします。
転職に必要なDEX25振った後はSTRに振ったり、INTに振ったり、LUKに振ったりして、レベル10になり、ヘレナ様の下へ。

無事に弓使いに転職したはいいけど、武器が高すぎて買えない。
矢が高すぎて買えない。
ということで結局武器でぺしぺし敵を殴る生活に。

ようやく金がたまり武器を買ったものの矢が撃てない。
弓の武器に対して拾ったのは弩の矢。
矢が撃てず、弓で敵をぼこすか殴る生活に逆戻り。
たまに矢を買うものの、金が無くなりすぐ殴る。

やっぱりこのゲームは向いていない。



そう、満月博士にとってメイプルストーリーのファーストインプレッションは「つまらん」だったのです。
しかしその後、なぜかゲームの進め方が違うのだと気づき、自らの道を歩んでいくのです。
それが満月博士の前身である、満月メイジ(仮名)だったのです……。

                                            この回想記は続く……かも。

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒maplestory39.blog121.fc2.com
でブログをやっているきみきといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを残してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://404notfoud.blog47.fc2.com/tb.php/235-14c430d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。