スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過ぎ去りし過去の思い出 Act.3「続々、エリアボスとの遭遇」

意外にもエリアボスの種類は多く、そして意外にも多く遭遇していたんだなぁと思いました。
今までSSを整理とかしていなかったのでわかりませんでしたが、色んな日付をまたいで、色々なボスと戦っていたとは・・・。

ちょっぴり意外な感じがします。

でもそれもまた、見知らぬ土地へと赴く私の感性であり、決してエリアボスを捜すという目的ではないことが良い感じです。
エリアボスを探しに行くぞ!と言う目的と、偶然遭遇するのでは大分違いますからね(個人的意見ですが)

そんなわけで今日もエリアボス達を紹介します。



ケース8「そんなでっかい時計だと返って迷惑――タイマー君」

バーフィ達を倒しに行く際に通りかかった場所で、出会いました。
意外にもタフで、気絶攻撃とかをしてくるので極めてやっかいな敵ですね。

090825-11.png

右に吹っ飛ばされ、左に吹っ飛ばされ、気絶攻撃を受け、チクタクを大量に召喚され、苦労の果てに倒しました。

090825-12.png

ペットの神龍ちゃん(仮名)がラブリーな表情を見せてくれていますね!



ケース9「まさに危険なクロコ」

多分カニングからスリーピーに行こうと思っていたんだろうと推測します。
私、帰還書も、タクシーもあまり(全くではありませんよ!)使わない人間ですので。
そんな中カニングマップの改良により、歩きやすくなってはいるのですが、ふと気づいたら目の前にこんなでっかいクロコダインがいらっしゃいました。

090825-13.png

上に巣を作ってくつろいでいる鳥さんがどうやらこのクロコを操っているようです。
と言うことはこのクロコさんはあくまでも被害者であり、本当に倒すべき相手はこの鳥なのです。

090825-14.png

ほら。
極悪な鳥から解放してあげたら眠くなったようなので、冬眠されましたヽ(´ー`)ノおやすみっ☆



ケース10「でっかい貝殻に潜む悪意」

フロリナビーチでのクエストをこなすために、訪れた綺麗な砂浜で、怪しい貝殻から悪意を感じました。

090825-15.png

とりあえず、威嚇してみると、一気にぐわーっとこられましたので、

090825-16.png

ダブルショットを駆使してお亡くなりになってもらいました。
でもどう考えても貝殻 vs 命の矢 では貝殻に籠もっていればノーダメージな気もしますが……。
下手に顔を出すからそんなことになるんだよね。



と言うわけで、とりあえず見つけたSSから発掘したエリアボス漫遊記はひとまずこれにて終了します。
次回からはどんな日記にしようかな・・・
未だにメイプルをプレイしていないので、過去のSSから掘り返すしか更新のしようが無いというのが悲しいですが、細々と続けていきますのでどうか皆さん、よろしくお願い致します。

過ぎ去りし過去の思い出 act.2「続、エリアボスとの遭遇」

Act.1で紹介したエリアボスとの遭遇の続きです。

お狐様、学者の亡霊、セルフを撃退した満月弩士(仮名)の旅はまだまだ続く。

ケース4「猫仙人」

霧深い森の中で響き渡る猫たちの妄執の声。
その源を探ってみると――

090824-9.png

レベルが上がってストレイフを扱えるようになったというのに、この始末。
まさか4発撃って【1、1、1、1】になるとは……(単に物理攻撃無効になっていただけ)
しかしこうしてみるとダメージが酷いですね…。

だって弩使いっていうのは1レベルあがるごとに約23しかHPがあがらないんですよ?
つまり912/23≒40Lvも上げないと耐えれないんだから!

……まぁレベル40じゃ確かにこいつには手も足も出ないだろうけど。

090824-10.png

結構時間かかりましたが、何とか撃破することができました。



ケース5「でかゾンビルーパン」

たまには森林浴も良いかなと思い、エリニアの森を散策してみれば、サルだの魔女だの物騒なことこの上ない奴らが大量に徘徊しておりました。
足を踏み外して落ちてみれば、そこにはでっかいゾンビルーパンさんがいらっしゃいました。

090824-11.png

微妙に生気が感じられず何とも不気味な感じがします。
明らかに操っているであろう案山子さんがよりいっそう不気味さに磨きをかけています。
中々興味深く見ていたのですが、まぁあまり見ていて気持ちの良いものじゃなかったので、

090824-12.png

ささっと粉砕しました。
どっちかっていうとふらふら飛んでいるメロディの方がうざったく感じる敵ですね。



ケース6「砂漠のおじいちゃんサボテン」

砂漠のクエストで何が一番嫌かと言うと、サボテンたちが低確率で落とす砂漠の露を5個集めるというクエスト!
とにかく落とさなくていらいらしますが、この場所は平坦な場所なので、ぴょんぴょん跳ねながらDSを撃つだけで敵を沈められ、かつドロップアイテムがあるという……まぁ修行僧みたいなことをすれば良いわけです。
そんなときに現れたのが――!

090825-7.png

よぽよぽのおじいちゃんサボテン。
はっきし言って攻撃するのも気の毒になるこのおじいちゃんサボテン。
しかし敵はやっぱり敵である。

090825-8.png

思い知ったか(゚Д゚)!

……当然、砂漠の露は落としてくれませんでした(ρ_;)ノ



ケース7「ペリオンの驚異――巨大人面樹」

クエストの一環であるスタンピ退治である。
以前、3回にも渡り、このスタンピ退治に関するオリジナルストーリーを展開したことがありました。
その1その2その3

まぁこんな思い出深いスタンピ君ですが、

090825-9.png

今日ものんきに辺りを徘徊しております。
その姿はあまりにも無防備なので、警告も含めて狩り倒してきました。

090825-10.png

スタンピ君が出現するまでの間、他の切り株たちを倒し続けることによって増える樹液。
クエストで使うから結構重宝しますよね!
と言うくらいスタンピ君自体に愛着はありません。



うぅむ……どうやら思っていたよりもエリアボスっていっぱいいるんですね……。
このお話はもう1回続きます。

過去の検証編、総まとめ

今まで過去に検証してきた内容を随時ブログで報告してきましたが、カテゴリを追加していなかったため、一体どんなものを検証してきたのかさっぱりわからなくなってしまいました。

そこで今回は過去の検証を再度紹介し、今後の役に立てれば、と思います。

パワーストライクとブランディッシュの性能差調査

結果:ダークワイバーンを相手に調査した結果、パワーストライク+EXアタックよりも、S.Lv.15のブランディッシュの方が1M以上、経験値効率が良い事がわかった。




孤高な英雄でビシャスプラントを撃破するのに必要な経費

結果:170万9525メル必要でした…。




戦士のHP、MP上昇量、及び1次スキル、バイタラズに関する調査結果

結果:バイタライズをMAXにすると、HPは約66上昇し、MPは約5上昇する。




アーチャーのHP、MP上昇調査

結果:HPは約22.1、MPは約15.3上昇する。と言うことはLv200の時点で……




戦士、弩使い、投げ賊にて、HP・MP上昇及び、2次転職の際のHP・MP上昇量を調査

結果:2次転職の際ってページが一番恵まれていないんじゃないかな……




初心者のHP・MP上昇を調査

結果:HPは約14.0、MPは約11.0(ただしINTが4の場合)上昇する。




Lv.66鈍器ページがゴーレムの森で得られる時給調査

結果:約664k/hでした。




Lv.70鈍器クルセイダーのマガティア――禁断の研究室での時給調査

結果:約750k/hでした。




Lv.70ハーミットのマガティア――禁断の研究室での時給調査

結果:1.07M/hでした…。





過去からずらりと並べてきましたが、こう見ると、何故今更そんな検証を……と思うことから、興味深い者まで色々ありますね。
ま、何かの参考にしてくださいませ。

過ぎ去りし過去の思い出 Act.1「エリアボスとの遭遇」

この日記は、2008年中に撮られたSSを元に作成されております。
2009年8月終わりの状況とは大分違うと言うことをご認識くださいませ。



晴れて神々しい輝きとともにスナイパーとなった満月弩士(仮名)。

249.png

スナイパー。
やはり代表的なのはゴルゴ13であろう。
下のサムネイルは1024×768用の壁紙である。

golgo_1_1024.jpg

彼のように、何が起こっても冷静沈着でいる精神力が必要である。



と、言うことで。



各地のボスを見て、動揺しないように射抜いて来たというのが今回のお話。
弱い奴から徐々に、なんて言うことはしない。
とりあえず近いところだったり目についた場所、平たく言えば、何となく目についた奴を片っ端から片付けてきた、と言うわけである。



ケース1「お狐様」

下町のクエストを片付ける際に必要だったのはお狐様退治。
とりあえず雑魚妖狐を片付けつつ……と言いたいところだが、今のレベル、スキルの習得状況からすると普通に強い敵である。
何度も呪いをかけられ、そのたびに治療する……のもめんどくさくなり、呪いをかけられたまま射抜き続けて約1時間。

090824-3.png

ついにその姿を現したお狐様。
まだレベルの低いストレイフではダメージがほとんど通らないだろう。
と言うことで、未だ主力して輝く1次スキル、ダブルショット、略してDSを使用した。

お狐様よりも周りに湧く雑魚妖狐に苦戦しながらも――

090824-4.png

無事に撃破しましたヽ(´ー`)ノ
まぁ苦戦するようなレベルでもないと思うんですけどね……(;´Д`)



ケース2「学者の亡霊」 ※これはエリアボスではなく、街へ強制送還するマクロ対策用の敵です。

お狐様との激闘を終え、ふぅと一息吐くためにマップを切り替えてみると、そこには――!

090824-5.png

変なおっさん……じゃなくて、学者の亡霊がいらっしゃいました。
妖狐のしっぽを祭壇に捧げると、本当にただの雑魚と化しますので、

090824-6.png

DSであっさりと撃破しましたヽ(´ー`)ノ成仏してください!



ケース3「セルフ」

海をふよふよ泳いでいると、目の前に何か異物を発見しました。
それが――!

090824-7.png

海の主(?)――セルフである。
ちょっぴり可愛いキャラである。
しかしどれだけ可愛かろうと敵は敵である。

090824-8.png

ぼこぼこ遠くから射抜き、敵をあっさり撃破(。◕‿◕。)
どうやら遠距離攻撃を有する職では反撃すら許さず撃破することが可能なようだ。



久方ぶりにロングバージョンの更新となりましたがいかがでしたでしょうか?
正直な話、以前は良くあれだけ長いお話を書いていたなぁと自分で感心したり……若いって良いなぁ。
当時と1、2歳しか変わらないけど。

未だメイプルに復帰できそうな気配はありませんが、これからも細々と更新を続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

休みの過ごし方

時には涼しく、時にはじっとりと暑いお盆休みが終わりを告げてしまいました・・・。
あぁ、どうしてこんなに休みの日は時間の経つのが早いのだろう…。

こんばんは、満月博士です。

楽しいことをしているときとか、忙しいときっていうのは時間が早く過ぎるものと言いますが、休みの日、特に最後の土日は早かったですね。
まぁ最後の方は特にやることも無かったので、嫁と二人でテレビを見たり、ゲームをしていたわけですが。

小学校の頃から夏休みや冬休みとかっていうのは、宿題を最初の1週間で全て片付けて(日記とかは別ですが)、残りのフリータイムをエンジョイするのが週間でしたが、それが社会人になっても適用されているとは・・・。
最初の二日に残された仕事や資格試験用の勉強をして、残りの三日をフリータイムに当てました。

嫌なことは最初に。
楽しいことを後にすることで、テンションを上げる方法です。
今日中にこれをやりきったら、明日はこれで遊んでも良い、と言ったルールを敷くのです。
それが好きなものであればあるほど、遊びたいから頑張ると言った形につながっていくのだと以前、誰かに教えてもらいました。

結構簡単に誰でもできますので、やってみると良いですよ。
初めは1時間勉強したら遊んで良いとかに区切るとかで、徐々に時間を増やしていくとかしてね。

さて。

残り三日のフリータイムとはいえ、お盆です。
結局14日、15日は私の方と、嫁の方のお盆参り+買い物にあて、夜とか残りの1日が実質のフリータイムになったわけです。
映画(DVD)を見たりしたのですが、嫁が急にポケモンやりたいと言い出したので、引き出しからDSと(嫁が買ってきた)ポケモンを渡して、プレイ。

ゲームはあまりしない人なのですが、ピカチュウ可愛いとか言って、それを捕獲する旅に出たようです。
ちなみにポケモンのダイヤモンドをプレイしています。
私は初代のグリーン以降、ポケモンをやっていないので、現在がどういうシステムなのかはわかりませんが、なにやら楽しそうなのでよしとしました。
まぁちょくちょくこれはどうしたらいいの?とか聞かれますけどね。
知るかっちゅーねん。
やってる画面を凝視している訳じゃないんだから、わかるかっつーの!

とは言わずに、○○したら良いんじゃないの?とか曖昧な返事をしていましたが。

その間、私は何故か今更テイルズオブアビスをプレイしておりました。
以前からプレイはしておりましたが、何故か途中でやめていた経緯がありましたので、最初からプレイ開始。
ちょっとやりにくい面はありましたが、主人公ルーク君の断髪式までたどり着きました。

ちょっとテーマは暗いですね・・・。
まぁABYSSと言うのを直訳すると深淵とかになりますしね。
ただ、なんて言うか今までの中で一番主人公に共感できる作品です。
誰も自分のことを理解してくれない。
たった一人だけ理解してくれる人を師匠(せんせい)と呼び、いつからかその人のことを妄信的に信じ込むようになってしまい、結果として・・・。

深いテーマだけに中々楽しむとは言えませんが、やはり楽しいです。

まぁ嫁からは何そのゲームとか言われていますけどね。
やはり知名度としてはDQ、FF、ポケモン、マリオがトップレベルにあり、他のゲームはその他扱いだそうです。
それが悪いとは言いませんが・・・。


何はともあれ、人のやっているゲームに口出しはしないで欲しいものである。
265.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。